カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

大日本人

WOWOWで録画したものを育児の合間に鑑賞

大日本人 通常盤 [DVD]

大日本人 通常盤 [DVD]

作品の出来うんぬんとか、ストーリーがどうとか言う以前に「これは映画なのか?」という根源的な疑問を感じずにいられない作品であることは否めない。結論から言えば「映画とは言えない」とわしは思う。思うが感覚としては「嫌い」な作品ではない。むしろ細かい笑いの要素がツボに来てしまって仕方なかった

監督の松本人志はテレビのお笑い番組でもたびたび特撮番組のパロディを披露していたが、この作品は正にその延長線上にある。おそらく松本は特撮ヒーロー物を見ながら「こいつら普段は何して生活してるんだろ?」とか「服着たまま大きくなってるのになんで服が破れないんだろう?」とか考えずにはいられないタイプの人間なのだろう。実はわし、これについては似た人種なのか非常に理解できる。だから獣(怪獣)退治を代々生業にしている大佐藤というショボイヒーロー像もすんなり受け入れてしまった

ただ残念だったのは最後のオチ。あんなオチを付けずに最初に提示した世界観を貫き通した方が良かった。結局最後にきて「照れ」が出てしまったということか?

終盤の設定は日本の防衛の実情だとか、北朝鮮とアメリカだとか、かなりストレートなパロディになっている。この部分いろいろと穿った見方もできそうなところではあるが、結論が提示されるわけでもなくさしたるメッセージ性は無い。この辺は単なる「遊び」の領域でたぶん大して意味はないのだろう

お金を払って「映画」を観るつもりで観たらどうかとは思うが、個人的には結構楽しめた。ただしあまりにも観る人間を選ぶ。「一見さんお断り」といったところか

広告を非表示にする