カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ALWAYS 続・三丁目の夕日

レンタルDVDで鑑賞

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]

昭和のノスタルジーを「これでもか!」と言わんばかりに突きつけた前作に比べると、時代感覚の表現はかなり薄められ、その分物語に重きが置かれている印象。しかし、残念ながらその物語は相も変わらぬベタベタ路線なのでわしのようなヘソ曲がりタイプにはどうにも落ち着かない

メインのエピソードとして茶川の芥川賞挑戦が据えられているのだが、これがあまりにも甘い。結果として茶川は芥川賞を逃したにもかかわらず淳之介を手元に置くことができ、ヒロミも彼の元へ帰ってくる。茶川の望む最良の結末が何らの苦労もなく、ただなんとなくもたらされる。茶川の言う「金より大切なもの」をメッセージとして観客に納得させるためには、劇中で投げかけられる「現実はこんなものじゃない」という淳之介の実父の問いに真正面から答える必要があったはずなのに。結局その劇中の問い掛けは何の意味も持たず、予定調和のおとぎ話に堕してしまった。それは「甘くて何が悪い」という作者の開き直りなのだろう、ということはある程度理解できなくもないのだが、その観客迎合的感覚のあまりのレベルの低さに興ざめしてしまった

これがダメだとは言わない。この甘さとやさしさ*1が好きで好きでたまらない人が沢山いることもわかる。でもやっぱりここまであざといと純粋に楽しめないんだよな

*1:そんなのは偽りのやさしさだとわしは思うが

広告を非表示にする