カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「アイヌ」を知る

最近読んでなかった小林よしのり編集の「わしズム」だが、タイトルに惹かれて買ってみた

わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

単に北方の少数民族だと思っていた「アイヌ」なるものについて、目からウロコの知識や見解が次々と示される。今まであまり興味を持っていなかったのだが(スマヌ)、これを読んで意識が改まった。参考とできる文献も少なかっただろうに、ここまで精緻にしかもわかりやすく解説してくれたこの一冊に感謝

小林氏の「血にこだわるのはおかしい」とする主張には深く同意。左翼の論者が好んで用いる論理に「民族という概念はフィクション」というのをたまに見かけるが、それはその通りだと思う。人間のアイデンティティーを決定づけるものは「血」ではなく、生まれ育ったコミュニティにおける文化や習慣だと思う。しかし、であるからこそ文化や歴史、生活習慣などを一定程度共有でき、人種的にも大きな違いのない現在の日本国民は「単一民族」と定義したところで何らの問題もないと思う

アイヌ」を知るのには格好の入門書。思想や信条はどうあれ、日本人として一読しておいて損はないと思う

広告を非表示にする