カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

パッキャオ、デラホーヤに快勝

昨日WOWOWで生中継されたオスカー・"ゴールデンボーイ"・デラホーヤ対マニー・"パックマン"・パッキャオの試合は本当に面白かった。試合はほぼ一方的なものではあったが、掛け値無しの世界最高峰のファイトを見せてもらった

序盤から体格で劣るパッキャオが正面から打ち合い、的確に左ストレートを当てる。ダメージの蓄積したデラホーヤはパッキャオのプレッシャーに耐えられなくなり、4Rあたりからは真っ直ぐ後に下がってガードすることしかできなくなっていた。デラホーヤはシェイプしたことで往年の切れを取り戻すのではと期待していたのだが、スピードは戻らず逆にパワーダウンという印象。最近のデラホーヤは序盤は良くても後半打ち疲れてスタミナ切れという試合が多かったのだが、今回の場合は最初からほとんど手が出ておらず、痛々しいほどに体力的な衰えだけが目につく結果となってしまった

一方のパッキャオはしてやったりだろう。ただ彼はこれ以上体重を増やさない方が絶対に良い。変にウェルター級に色気を出したりせず、本来のライト級で頑張った方が良いのではなかろうか?いずれ歴史に名を残すボクサーになったことは確か

おそらくこの敗戦でデラホーヤは引退を決めるだろう。しかし本来はフロイド・メイウェザーに敗れたところで引退すべきだったのかもしれない。プロモーター業が目立つようになってからのデラホーヤは明らかに衰えた。8R終了時点でのストップは、解説のジョー小泉氏の言うとおり「ドクターがデラホーヤの名誉を守った」ということだろう

デラホーヤはこれでキャリア6敗目。負けた相手はフェリックス・トリニダード、シェーン・モズリー(2敗)、バーナード・ホプキンスフロイド・メイウェザー、そしてマニー・パッキャオ。いずれ劣らぬビッグネームばかり。強敵といえども怯まず挑戦を続けてきたことの証だ。この点は日本のどこぞの超有名ボクサー君に最も見習って欲しいところなのだが、、、

広告を非表示にする