カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

2008私的映画ベスト4

やってきましたこのときが。恒例の私的映画年間ベスト4。毎度のことながら公開年度等に一切関係なく、今年わしが観た作品の中から選んでいるのでそこんとこヨロシク!

  1. 題名のない子守唄
  2. 街のあかり
  3. 河童のクゥと夏休み
  4. 善き人のためのソナタ

ちょっとシリアスな作品に寄ってしまったが、そもそも観ている本数が少ないので仕方ないかも。コメディの良作はなかなか現れないねぇ

1位の「題名のない子守唄」と2位の「街のあかり」は同点でもよかったのだけど、あえて順位をつけたのはエンターテインメント性の差。「街のあかり」は、ああいう抑揚の少ない映画を観る訓練を積んだ人でないと途中で挫折する可能性が高いのでw

河童のクゥと夏休み」は間違いなくアニメ映画史に残る傑作だと思う。切なくも温かい後味は「ポニョ」を遙かに上回るものだと思う。まあ、わしは「ポニョ」もかなりスゴイ映画だとは思っているのだけど、スゴイってだけで面白いかどうかは別問題という気がするので

あと番外だけど、今年一番爆笑した映画は「恋空」。「面白い」ってだけで言うなら圧倒的に面白かった。あ!なんだあったやん、名作コメディwww

それではわしは肉食ってソバ食ってテレビ観て寝ます。皆様良いお年を

題名のない子守唄 [DVD]

題名のない子守唄 [DVD]

街のあかり [DVD]

街のあかり [DVD]

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

広告を非表示にする