読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ザ・マジックアワー

映画

ようやく1週間レンタル可能になったので借りてきた

ザ・マジックアワー [Blu-ray]

ザ・マジックアワー [Blu-ray]

勘違いとすれ違いを組み合わせて笑いを作り出す三谷幸喜お得意のパターンは健在なのだが、どうもイマイチ乗り切れない。何も心に残らない

映画は絵空事だし、何をやっても許されるのかもしれないが、自由さにあまりに胡坐をかき過ぎて観客が許容できる範囲を超えているような気がする。この映画を楽しむには、学芸会の劇を観るときのような温かい視点が求められる。目の前に展開される物語がどんなにあり得ないものでも、俳優の好演には惜しみない喝采を送る、、、そんな寛容さが必要とされる。実際見どころは佐藤浩市の怪演ぐらいで、あとはショートコントの詰め合わせ。笑えることは笑えるのだがそんだけ

配役は正に「無駄に豪華」。綾瀬はるかの役なんて最後まで物語には何の必要も無い。このあたりに大資本が絡むイヤらしさも見える

この物語の肝は、主人公が如何に不可能と思われる難題に挑み、危機から逃れるか?だと思うのだが、収拾できそうも無いほど状況を悪化させるだけ悪化させておいて肝心なところをオチャラケで逃げてしまっているのでどうにも締まらない。せめてそのくらいは真っ向勝負の作劇で見せてくれれば、納得して「楽しかった」と言えるのに。今年早くも2本目の残念賞w

広告を非表示にする