カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

WBC初戦

WBCアジアラウンドの初戦中国戦は4対0で勝利。しかし内容は「拙攻」のお手本のような攻撃と結果オーライの完封リレーに過ぎなかった

とにかくランナーを置いてからの攻めがまるでなってない。高校野球以下。走者を先の塁に進めるという攻撃の基本*1ができていない。箇条書きにするとこんな具合

  • 1回裏 一死2、3塁 稲葉空振り三振。外野フライすら打てず
  • 2回裏 無死1、2塁 城島二ゴロ併殺
  • 4回裏 無死1塁 城島遊ゴロ 二塁封殺
  • 6回裏 無死1、2塁 岩村見逃し三振
  • 6回裏 一死1、2塁 イチロー遊ゴロ 二塁封殺
  • 8回裏 無死2塁 城島遊ゴロ 走者タッチアウト
  • 8回裏 一死1塁 岩村左飛

ダメダメじゃん

とくに城島。強化試合からそうだったがどんな状況でも「俺様」バッティング。おまけにバントは失敗するし。9人の打者のうちの一人に過ぎないことを自覚せい。岩村の打撃の調子はやはり悪い。あれなら片岡の方が良い

投手はとりあえず及第点とは思うが、コントロールミスが思いのほか多かった。あれでは中国の打者には通じるとしても第2ラウンド以降に不安が残る

次の試合が韓国戦になればおそらく先発は左腕のキム・ガンヒョン。原監督は先発に内川を起用することだろう。「左腕には右打者」の単純戦術もどうかと思うが、そこまで左右を意識するならぜひセカンドには片岡を使って欲しい。まあ、個人的には「頑張れ!台湾」だけどねw

*1:というか野球ってそういうゲームなんだが