カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

WBC第2ラウンド初戦キューバに快勝

準決勝進出のために取っておきたい第2ラウンド初戦。第1ラウンドでやや不安な出来だった松坂だが、さすがにきっちり仕上げてきていた。抜け球、逆球がありながらも要所を抑えるあたりはさすがに日本のエース。85球の球数制限の中で6回終了まで投げられたのは投球術の成熟を証明するものと言っていいだろう

予想通りキューバ先発のチャップマンはそれほど恐れる投手ではなかった。球威が多少減じても、という投球だったが、それで抑え込めるほど甘いレベルではないということだろう。ストレートでほとんど空振りを取れていなかったことから見ても、日本の各打者は数字ほど速さを感じなかったに違いない。すぐに頭に血が上るタイプのようなのでミスも誘いやすい。あれならもう一度出てきても対処可能だろう

走塁、フライ処理、バントなどで小さいミスはあったものの、それ以上にキューバが大きくミスしてくれた印象が強い。それでもアジアラウンドでは見られなかった、貪欲に次の塁を狙う姿勢が見られたのは好材料。アウトにはなったものの序盤に走塁で仕掛けておいたからキューバ投手陣は走者に神経質になりボークなどのミスをおかしてくれたわけで、やはり早いうちにいろいろな作戦を見せて印象付けておくことは重要だ

走塁ミスと言えば5回の攻撃、1死1、2塁からパスボールで1塁走者の内川が飛び出しあやうく挟まれそうになった場面。あれはコーチャーのミス。1塁コーチャーの緒方が3塁の高代の指示をしっかり見ていれば問題なく戻れたはず。快勝に浮かれず、この辺はしっかり確認しておいてほしい

投手陣は今日に関してはまったく問題なし。完璧に抑えたというほどでもないが、さんざんボールコントロールに苦しんできたことを思えば無四球という結果は大きな収穫だろう

それにしてもTBSの実況中継はヒドイものだった。当たり前のことしか話さない槙原とほぼ精神論or相槌の清原。ちゃんと見てるのか?と疑いたくなるような実況の林アナ。何ゆえにこういうプレーが必要なのか?何ゆえにミスしたのか?相手投手の持ち球は?打者の特徴は?具体的な話をしてくれなきゃ。あれじゃ立ち呑み屋でテレビ観戦するオッサンと同じだよ

何はともあれ良い勝ち方で初戦突破。このまま勢いに乗るためにも連勝で準決勝進出を決めてしまいたい。次が楽しみになってきた