カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

WBC明日韓国と3たび激突

さて何はともあれWBCなんである。しかしまた韓国とかよ。このWBCのアホな組み合わせシステムは絶対変えるべきだ。総当りにすればスッキリするのに

それはさておき明日の試合、日本の先発はダルビッシュ、韓国はボン・ジュングンとのこと。ダルビッシュについては開き直って腕を振ってほしい。それだけ。ボールのこととかあまり気にしても仕方ない。相手を見下ろして普段と同じように投げればそうそう打たれることはあるまい

前回6回途中まで0点に抑えられたボン・ジュングンだが、日本のバッターがストレートにことごとく振り遅れていた点が気になる。テークバックが小さく、コンパクトなフォームの割に球速が140キロ台中盤くらい出るので、タイミングが取りづらかったのだと思う。今度は一度球筋を見ているし、日本の各打者もだいぶ速球を見慣れた頃と思われるのであまり心配していない。前回の登板を見る限り変化球はスライダーとツーシームっぽいちょっと揺れる球くらいだったので、多少投球パターンを変えてきたとしても対処は可能だろう。むしろ彼一人の攻略にこだわるよりも細かな継投にどう対応していくのか?の方が気になる。状況に応じた用兵等、ベンチワークがカギになりそうな気がしてならない

おそらく先発メンバーはキューバ戦と同じになるだろうが、わしとしては(ずーーーっと言っているが)不調の岩村を外して川崎を遊撃に、片岡を二塁に起用してほしい。川崎の足、ミートの巧さは接戦で必ずや武器になる。前回大会でペトコパークの芝を経験していることも大きい。中島の体調次第かもしれないが、今の岩村の調子なら絶対に川崎、片岡の方が上だ

まずは必勝。負ければまたキューバとの対戦になってしまう。それはできれば避けたい

しっかし面白いねえ、WBCは。プール2の方も実に熱い。ベネズエラが準決勝進出を決めたが、これでアメリカかプエルトリコのどちらかが脱落することになったのだから本当に厳しい戦いだ。しかもアメリカは前回の対戦でプエルトリコにコールド負けしている。主催国が2大会続けて4強に残れなかったら、、、、次回WBCってあるんじゃろか?とつい心配になってしまう