読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

横手市十文字「マルタマ」

相方の実家がある秋田県湯沢市へ。最近外食していなかったので「たまには」ということで十文字ラーメンの名店のひとつ「マルタマ」へ行く

店内に一歩足を踏み入れると有名人の写真とサインがずらり。さすがは「元祖」を謳う店だけのことはある。食券を先に買う注文方式だったのでしばし熟考の結果相方は普通の中華そば、わしはガッツリ行きたい気分だったのでおすすめメニューの焼肉中華を頼んでみる

写真は相方の方の中華そば。十文字ラーメン独特の透明度の高い魚だしスープに手打ちの中細ちぢれ麺。具は脂身の少ないチャーシュー、シナチク、かまぼこ、海苔、ネギ、そして秋田のラーメンには欠かせない麩が乗る。焼肉中華の方は麺が大盛りになり、チャーシュー、かまぼこ、麩の代わりに甘口のタレで焼いた豚肉が3切れほど乗っていた

普通の中華の方のスープを一口もらってすすってみたが、魚だしのにおいはそれほど強くなく、「三角そば」あたりと比べてもよりあっさりした印象。醤油味は色の割に若干濃い目か。焼肉中華の方はほんの少しだが焼肉のたれの味が混じり、せっかくの純度の高い透明感が損なわれてしまった感がする。うまいし、満足感は得られるものの、焼肉とラーメンの組み合わせはあくまで色物。もはや十文字ラーメンとはジャンルの異なる食べ物になってしまっていた。相方のうまそうな定番の中華を見るにつけ「普通の中華に餃子あたりを追加すればよかったかしら」と思わずにはいられなかった

とは言え基本ベースはやはり美味。すっきりあっさりした味は小食の人でも一気にすすれること間違いない。ここもオススメの一軒だ

広告を非表示にする