カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

パックマン、ヒットマンを撃沈

外出していて生中継を観ることができなかったマニー・パッキャオリッキー・ハットンのビッグマッチ。昨夜WOWOWで再放送されたのでようやく観ることができた

初回から猛烈な打ち合い。サウスポーのパッキャオに入り込みずらそうにしながら、それでも積極的に前に出るハットン。ハットンがやや上方から窮屈そうに左を繰り出すタイミングにしっかり合わせて懐に入り、右フックを振るパッキャオ。第1ラウンド2分を過ぎたところでそのパッキャオの右フックがカウンター気味にハットンのアゴをきれいに捉えてダウンを奪う。さらにラウンド終了間際にも激しい打ち合いから圧力で押し倒すようにして再度ダウンを奪うパッキャオ。最初から完全にパッキャオの距離で試合が進む

そして第2ラウンド終了間際、再三的確にヒットしていた右を今度は囮にして、中途半端にガードの下がったハットンのアゴめがけて左フック一閃!もう当たった瞬間に「これは立てない」と確信できる強烈な一撃。事実トレーナーが助けおこしに来るまでハットンはピクリとも動くことができなかった

戦慄のKO劇と呼ぶにふさわしい結末。結果はパッキャオの圧勝だが、真っ向から打ち合ったハットンの圧力、スピードにも素晴らしいものがあった。正味たった6分程度の試合だったが、これほど興奮した試合は久しぶりな気がする

この勝利でパッキャオは「パウンド・フォー・パウンド」の称号を確固たるものにしたと言って良いと思うが、気になるのは無敗のまま半引退状態のフロイド・メイウェザー・ジュニアの動向。7月に行われることが決まったというファン・マヌエル・マルケスとの試合*1を順当(?)にクリアすれば、間違いなく次はメイウェザー対パッキャオの頂上決戦ということになるだろう。ただ問題はウエイトか。パッキャオは前回のデラホーヤ戦はウエルター、今回はスーパーライトでの試合だったが、おそらくライト級がベストだろう。対するメイウェザーはウエルターでやりたい、ということになるのだろうが、その辺どうするんだろ?*2
ポチッとな

*1:この試合も楽しみだー

*2:まぁ、んなこと言ったら前述のマルケス含めみんな最初はフェザー級だけどさw

広告を非表示にする