カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ツッコミどころがございません

「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に−上田埼玉知事

 上田清司埼玉県知事は1日の県議会本会議で、県立学校の式典で君が代斉唱時に起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならない教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日本の国旗や国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか。そんなに嫌だったら辞めたらいい」と強調した。
 君が代斉唱時に起立しない教員がいることへの解決法を民主党県議からただされ、答えた。これに対し、共産党県議団は「思想と良心の自由を定めた憲法19条の規定をないがしろにするもので、700万県民の代表にふさわしくない危険な発言だ」とし、撤回を求める談話を団長名で発表した。(2009/07/01-18:05)


正論!(Sail on!)
思わずマディ御大にご登場願っちゃうほどの真っ当なご意見。まったくツッコミどころがございません

問題は共産党埼玉県議団。これぞ典型的な「自由」の履き違え。自由というのは無制限ではなく一定の規律の下でしか成立しない。その程度のこともわからんのかね?「辞める」自由は認められているじゃないか。それ以上何が要る?

もう何度も書いているが何度でも書いてやる

教育現場における国旗国歌拒否の問題は、集団行動における規律の問題に過ぎない
ポチッとな

広告を非表示にする