カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

とくダネ!のブーム捏造を嗤う

我が家の朝は「めざましテレビ」&「とくダネ!」で始まる。この2番組は硬派ニュースを極力サラッとしか取り上げず、芸能ニュースに多くの時間を割く傾向があるのだが、ここのところ特に「とくダネ!」での「BIG BANG」なる韓国人アイドル(?)グループを扱う時間があまりに長くて閉口させられている

もともと「とくダネ!」は扱う話題がメインMCの小倉智昭の趣味で左右されることが多く、補佐役を務める笠井信輔アナは小倉以上に芸能、文芸ネタにしか興味がないという人のため、必然世間の興味関心からかなりズレた内容になる場合が多々見られる。それがこの番組の特徴であって、振れる方向性によっては面白かったりもするのだが、近年の番組の韓国芸能への傾倒ぶりはあまりに偏りがヒドく、見ていて不愉快になることも少なくない

いわゆる「冬ソナ」のペさんwまではそれなりにブームらしきものも感じられたから許せたが、世間一般では韓流はとっくの昔に過ぎ去ったブームであって、それを見極められないメディアが未だに煽っているだけ、というのがわしの認識。実際レンタルビデオ店に行っても、「韓流」コーナーは種類も数も膨大な割に閑散としており、たまにドラマを何本もまとめ借りしていくオバハンを見かける程度だ

さてBIG BANGである。「とくダネ!」は彼らが日本でイベントやらライブやらを行うたびに取り上げ、その熱狂ぶりを伝えているのだが、見ているこちらとしてはまったくピンとこない。カーラジオでも聞いたことがないし、実感として売れている感がまったくしない。小倉はことあるごとに彼らの音楽性の高さを絶賛しているが、テレビから流れる音を聞いていてもそんなものほとんど感じない。これは感覚の問題だろうが、パッションの無い「流行りっぽい」音楽をやっているだけに聞こえる。「耳の肥えた音楽ファン」であるはずの小倉が持ち上げるほどのものとは思えない

コメンテーターも「イケメン揃い」とかなんとか調子を合わせるが、三百歩くらい譲っても「イケメン」には見えないw。まあこれも個人の感覚の問題だからとやかく言っても仕方ないかもしれないが、無条件に人気を煽るような番組構成には非常に作為的なものを感じてしまう

というか、こういうときこそお得意の新橋駅前広場のサラリーマンや渋谷の女子高生に意識調査をすればええやん。彼らの曲のイントロクイズをやるとかさ。たぶん誰も答えられないだろ?「東京のど真ん中でフリーライブをやって何千人集めた」とか「ファンイベントで何千人集まってパニック」なんていくら報道したところで本当の人気度なんてわかりゃしない*1。だいたい韓国以外からも多数の人気アーティストが連日来日しているのに、なんで彼らだけをあれだけの長い尺を割いて報道するのか。こんなのはブームの捏造ってもんだと思うのだが
ポチッとな

*1:米でまったく知名度の無い和田アキ子だってアポロシアターを「日本人で」満員にしたしねw

広告を非表示にする