カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

地獄へ道づれ

時事ドットコム

 民主党は政権発足後、麻生内閣が経済対策として策定した2009年度補正予算の執行停止に踏み切る。31日に締め切られる10年度予算の概算要求も見直す方針だ。首相直属の「国家戦略局」を新設し、政治主導で予算の組み替えに着手する。補正予算の執行停止や組み替えで生じた分は来年度予算に振り向け、マニフェスト政権公約)に掲げた「子ども手当」など目玉施策に優先配分する考えだ。
 民主党鳩山由紀夫代表は30日夜、民放の報道番組で「(補正予算は)本格的に見直していく必要がある」と述べた。
 補正予算の執行停止や概算要求のやり直しは極めて異例で、予算編成作業の遅れは避けられない。12月下旬が通例の政府予算案決定が来年にずれ込む懸念があり、「越年編成」となれば景気に悪影響が及ぶのは必至だ。民主党政権は景気をにらみながら、難しい課題に取り組むことになる。 
 財務省民主党衆院選勝利を踏まえ、補正予算の執行停止に向け、関係省庁と調整に入る。5月末に成立した補正予算は総額約14兆円。主な執行停止対象は、官公庁施設整備費(2兆9000億円)や「国営漫画喫茶」と批判されたメディア芸術総合センター(117億円)といった公共事業のほか、「緊急人材育成・就職支援基金」など46基金への計4兆3700億円の支出。長期的な対策効果を得るため複数年度分が計上されており、未執行額が多い。
 ただ、地方向け基金に関しては、自治体が「複数年契約を交わしたケースもある」(財務省幹部)といい、事業の実施や契約済みなどを理由に執行停止に応じないケースも想定される。また、失業率が過去最悪を更新するなど雇用情勢が一段と悪化する中、「経済情勢を考えれば、停止しにくい事業もある」(経済官庁幹部)のが実情だ。(2009/08/30-22:54)

未執行分なんてどれだけあるのかわからんが、一旦予算執行が停止されれば新たな予算が組まれるまで全ての施策はストップということになるはず

09年度補正予算の内訳は次のリンクを参照されたい
経済危機対策関係経費の概要

まあよく言われるエコポイントやエコカー補助金は、期間の設定などもあるから部分的に停止というわけにはいかないと思うが*1、額の大きいものから潰すとすると、おそらく雇用創出対策や再就職支援あたりが犠牲になるのだろう。中小企業の資金繰り支援事業が停止されれば、今年中に倒れる企業が続出するかもしれない。そうなれば失業率はますますアップだ

とくに喫緊の問題として「新型インフルエンザワクチン対策事業」が停止されると、流行が予想される今秋大混乱に陥る可能性が高い。今朝のテレビでは「新政権発足直後は大目に見てあげないといけない」なんてしたり顔で話している「識者」も見られたが、新型インフルエンザ対策の対応が遅れて大被害が発生したとき、その責任は民主党政権とヤツらを支持し国民を扇動したメディアにある。そのことを忘れるなよ
ポチッとな

*1:あくまで希望的観測w

広告を非表示にする