カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

千葉景子法務大臣に期待しておりますです!

まずは法務大臣千葉景子「ツッコんでくれ」と言わんばかりの強烈なボケに眩暈を禁じ得ないところだが、ツッコまないわけにもいかんだろう。以下皮肉www

この千葉景子新大臣「21世紀中になくしたいこと」としてこんなことを挙げている
http://www.dpjr.org/member/sangiin/chiba.html

21世紀中になくしたいこと
「死刑」制度をなくしたい。犯罪を防止し、犯罪に対して厳しく責任を問うことを否定する物ではないが、その解決は決して「死刑」ではない。刑罰のあり方、犯罪被害者・家族のケアなどは残された課題。

なるほど。しかし弁護士でもある千葉センセー、まさか法務大臣というお立場で法を犯すつもりなんてありませんよね?
刑事訴訟法

第四百七十五条  死刑の執行は、法務大臣の命令による。
○2  前項の命令は、判決確定の日から六箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。

第四百七十六条  法務大臣が死刑の執行を命じたときは、五日以内にその執行をしなければならない。

千葉景子法務大臣。あなたの仕事はちゃんと国民が見ています。でも大丈夫でしょう。あなたを任命した新首相もこうおっしゃってますし
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080621/stt0806211715002-n1.htm

東京・秋葉原の無差別殺傷事件に触れ「死刑制度をなくせば(同様の)事件が増える可能性があるのではないか」と述べ、死刑制度の存続が望ましいとの考えを示した。

賢明な千葉センセーのこと、断固として職務を遂行していただけるものと期待しておりますですよ。なにせこれだけの豪腕ぶりを実績として示したお方ですからおお怖い!頼もしいですねーっと
ポチッとな

広告を非表示にする