カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

細けえことはいいんだよ!

昨日のエントリーとは別件ってのがスゴイ。しかもこれが先の選挙では民主党応援団の一翼を担ったトンキン新聞の記事だってんだから
東京新聞:原資未解明 5年で5億円 首相政治資金 地検特捜部が関心:社会(TOKYO Web)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体友愛政経懇話会」をめぐる政治資金収支報告書の虚偽記載問題で、同会と首相の個人事務所が二〇〇八年までの五年間で計約十数億円を支出しながら、解明されない原資が約五億円に上ることが、関係者の話で分かった。

 東京地検特捜部も、この事実を把握しており、資金管理を担当していた元公設第一秘書(解雇)に説明を求めている。

 関係者によると、懇話会と首相の個人事務所の年間総支出は、合わせて平均二億数千万円に上る。しかし、懇話会が虚偽記載分をのぞいて実際に受け取った寄付金とパーティー収入に、鳩山首相が国会で自ら認めた鳩山家の資産管理会社「六幸商会」からの引き出し分を含めても、年間の政治資金収入は平均一億数千万円にしかならず、差し引き毎年一億円前後の不足分の原資が解明できないままになっているとされる。

 懇話会は献金問題が発覚後に、虚偽記載分の個人献金約二千百七十八万円を首相の貸付金として修正し、収支報告書の収支を合わせた。また首相は十日の参院予算委員会で、六幸商会から年平均五千万円を引き出し、その一部を政治資金に充てていたことを明らかにしている。

 しかし、こうした説明でも年間約一億円の収入不足をどのように補ったかは解明されていないことから、特捜部は押収資料の分析や関係者の聴取で、捜査を進める方針だ。

 鳩山事務所は弁護士を通じて、これまでの本紙の取材に「捜査中であり、個々の事項に関する問い合わせには、答えを控えさせていただきます」としている。

キタねこれ。これも「恵まれた家庭に育ったから、細かいことはよくわかんないボク」と言い逃れるんだろうか?w。はい、まとめ

  • 政治支出の原資で出所不明金が約5億円
  • 保有株式等の資産報告書記載漏れが5億4500万円
  • 未記載の有価証券売却益が7200万円
  • 匿名の個人献金が10年間で3億4000万円

もうアウトだろ。さーて金の出どころはどこなのか?

それにしてもこの「関係者」って誰よ?*1
ポチッとな

*1:それを一番知りたいのは鳩かもしれんが