カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

憲法を読んでない小沢一郎とそのシンパ

「小沢氏こそ憲法読んで」=特例会見、国事行為ではない−共産・志位氏(時事通信) - Yahoo!ニュース

 共産党志位和夫委員長は15日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の特例的な会見設定をめぐり、民主党小沢一郎幹事長が憲法の「天皇の国事行為」に言及して「天皇の政治利用」を否定したことに関し、「外国の賓客との会見は国事行為ではない。小沢氏は憲法をよく読めと言っていたが、小沢氏こそ憲法をよく読んでほしい」とやゆした。都内で記者団に語った。

おとといのわしのエントリーとまったく同じことを共産党の志位に言われてやがる。しかし志位の発言とこのブログで書いたことが合致したのなんて初めてじゃなかろうか?w。先日の陛下のご接遇強行といい小沢の記者会見といい、こうして左右の別なく非難を浴びるということは、そのくらい常軌を逸したメチャクチャなものだったということの証拠だ

しかしこの2日ほどネットでこの話題に関するブロガーの意見を探して読んでいたら、そんなことも見抜けず、小沢の言い分が正しいと思っているおバカさんも世の中にはいることを知り愕然とした

その中でも左派系の人気ブログらしい「カナダde日本語」ってのがヒドかった。生来気弱なのでリンク貼ってイチャモン付けられても面倒だしw、ググればすぐに見つかるのでURLは書かないが、このブログを書いてる美爾依(「ミニー」と読むのだそう)さんって人は小沢の手前勝手で完全に誤った憲法解釈を100%信じてしまったご様子。さらに陛下の政治利用を批判した安倍晋三元首相を口汚く中傷するなど、読んでいて眩暈がするほどヒドイ内容。しかもそのエントリーに寄せられるコメントは、ほぼそのままブログ主に同調するだけの気持ち悪いものばかり。そこで天皇陛下のご接遇が国事行為に当たらない旨を簡潔に書いて投稿してみたら、これがいつまでたってもブログに反映されない。どうやら彼女のブログのコメント欄は「太鼓持ちオンリー」というコードがある模様だ

ほかのエントリーも読んでみたが、個人攻撃に等しい中傷で構成されたエントリーが多く「きっと素晴らしい女性なんだろうなあ」と純度100%の皮肉を込めて想像してしまった。さらにこの人の面白いところは新聞、テレビも右傾していると信じ込んじゃっているご様子なこと。いやー、それはいくらなんでも勘違いでしょw。この人から見ると、自分の意見とちょっとでも反したことを書いたり言ったりする人は全員「右翼!」「偏向!」「ネトウヨ!」ってことになっちゃうのだろうか?

これでも超有名人気ブログなんだそう、、、いろんな意味でビックリさせていただきました!w

さて、件の小沢の発言への答えはこれで十分
外国要人とのご接遇は国事行為ではない!残念でした!
おととい来やがれっての
ポチッとな