カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ハプニング

個人的評価右肩下がり一直線のM・ナイト・シャマラン監督作品

人々がある日突然自殺を始める。これは政府が開発した毒ガスのせいなのか、それとも自然界の為せる業か。何のためらいもなく自らを傷つけ、死に至らしめる衝撃的シーンが続くものの、予想通りその答えはまったく提示されぬまま映画は終了する。なぜ「予想通り」かと言えば、それは「シャマランだから」

謎を読み解くヒントらしきものはところどころに見えるのだが、それが本当にヒントなのかどうかわからない。植物を育てている夫婦の家の背景にこれ見よがしに原子力発電所が登場したり、主人公の親友が自動車の天井に穴を認めた途端に自死に至ったり、人のほとんどいない田舎町になぜか立派なモデルハウスがあったり。明らかに不自然な演出もそのどこまでが本当に意味あるものなのか見当がつかない。物語の中盤で主人公の提示する「植物の攻撃」説を裏付けるかのように大げさなほど風になびいて揺れる草木の姿を描きはするが、それも最後まで推論に過ぎない

込められたものは「人類に対する警告」なのか?それとも単なる恐怖映画なのか?それすらもよくわからない。前者だとすればラストに人為的なものの介在を匂わせる演出を持ってきた意味がわからなくなってしまうし、「恐怖」を狙ったにしては映像的に中途半端だ

実は言い知れぬ「不安」そのものを描いたのではないか?などと思わず邪推してしまうのだが、映像に漂う「好き勝手に撮りました」感を見るにつけ、そこまでの考えがあったようにはどうしても思えないんだよなぁw

全然関係ないけど、突然自殺したくなっちゃう人々を見ていて、真っ先に「ルパン三世」の自殺光線を思い出したわしはダメダメでしょうか?www
ポチッとな

広告を非表示にする