カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

イヤホン小改造

聴き込んだせいか、かなり良くなってきたもののやや音の切れが気になるNW-X1050+付属イヤホン。これはイヤホンをもっと高いやつに替えないとどうしようもないかと思っていたのだが、調べてみるとイヤーピースの変更でも結構違いが出てきそうなことが判明

そこでまず手持ちのMDR-EX35に付属のハイブリッドイヤーピース(Lサイズ)を付けてみる。口径が違うのですんなりとは付かないものの、イヤーピースの口を強引に広げればしっかりと装着できる

これで試聴すると一瞬「うぉっ」と思うほど低音が力強く変化。中高音の解像感が削がれた印象もない。Lサイズの選択も良好。密閉感が増した。しかしこのまましばらく聴き込んでいくと、低音の篭りが少々気になるように。高音に比べて低音部の楽器の音がどうもカブって聴こえる(ような気がする)

これ以上はもう無理かと思ったのだが、イヤホンをじっくり観察するうち、イヤホンの口径に比べて音の出口が小さいことが原因なのでは?と思いつく。そこで再度ネットで検索してみたら、やはり同じことを考えた人を発見。その方の小改造を真似させてもらうことにした
http://serenna.blog15.fc2.com/blog-entry-12.html
この方はボールペンのノッチ部分を削り出したとのことだが、わしはインクの切れた太いボールペンの芯部分から2、3ミリほどの長さで輪切りにしてみた。本当はもっと硬くて薄い素材のものを使って同じ口径が確保できればベターなのだが、ひとまず実験なので

これだとイヤーピースの出口部分と比べても一回り穴が太くなる。これをカッターで荒削り。サンドペーパーで仕上げたら、細い綿棒で丁寧に削りカスを取り除いてイヤーピースに装着

さっそく試聴してみると、驚いたことについさっきまでと低音の響き方が全然違う。ややドンシャリ気味ではあるものの、低音から高音まで実に切れ味鋭く力強く鳴る。ハードロック中心に聴くわしにはピッタリの音色になった

正直付属イヤホンでは限界があるだろうと思って、SHUREのエントリーモデルあたりを狙っていたのだが、まさかイヤーピース一つでこんなに聴こえ方が変わるとは思わなかった。まあ、またどうせ不満が出てくるだろうとは思うが、まずはこの状態で楽しんでみようと思う
ポチッとな

広告を非表示にする