カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

お前は何を言っているんだ?

赤松前農水相「8ヵ月間やりきった」 口蹄疫の広がりは残念

 赤松広隆農水相は辞表を提出した4日、農水省で退任会見を行った。8ヵ月間を振り返り、「力の足りないところはあったが、ある程度やりきったという気持ち」と述べ、口蹄疫の拡大は「大変残念」とした。

 8ヵ月の間には、WTO関連の交渉、南米における経済連携協定自由貿易協定(EPAFTA)の交渉、ダムの見直し、シーシェパード問題、クロマグロの捕獲禁止、諫早問題、野菜価格の高騰などの課題に対応し、戸別所得補償制度、6次産業化法など民主党の公約を進めてきた。戸別所得補償制度では 5600・・・

やりきった?
何を?
お前がEPAFTAの交渉と称して、そんなものの提携があり得ない中南米の国々をのうのうと旅行している間に口蹄疫は取り返しがつかないほど広がったんじゃねえか。それを「やりきった」だと?
ふざけんじゃねえ!
まずは農水相として、口蹄疫被害拡大阻止と防疫に必須の感染ルート解明ができなかったことを、被害農家をはじめとする国民に対して詫びるのが筋だろうが。土下座したって許されることではないが、まずは誠心誠意謝罪するっていう姿勢すらねえのか!?

民主党の連中はこんなんばっかりじゃないか。不祥事が起きたときの民主党議員の態度は気味が悪いほど共通している

  1. 反省や謝罪はまったくといってよいほどしない
  2. まずは言い訳。自らの行動に間違いはないと強弁
  3. 次に自らの(でっち上げた)功績を列挙して誇る
  4. 他党の批判と自党の賛美

そして最大の共通点は「息を吐くように嘘をつくこと」。しかも表情ひとつ変えずに。嗚呼まるでどこかの斜め上民族のようではないかっ!

こんなふざけた連中にいつまでも日本を好き勝手にされてたまるかよ!