カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

最低の韓国グランプリ

【今回も色々とまぁ・・・・・w】F1,2013韓国GP決勝の結果 : ジャックログ
テレビ解説の森脇基恭氏も言っていたが、本当に「最低」の運営だった

とくに酷かったのがレース後半レッドブルマーク・ウェバーがリタイヤした場面。マシンが火柱を上げているというのに一向にやってこないコースマーシャル。やっと来たかと思うやいなや、粉末の消火剤を噴射。通常使うはずのCO2消火器はおそらく用意すらされていなかったのではないだろうか?おかげで無事だったと思われる駆動系パーツまですべてオシャカにしてしまった。しかも次週には日本グランプリが控えている状況で、である

家庭用消火器?

観客席はガラガラ。主催者は来場者を15万人超と発表しているそうだが、どう見てもそんな人がいたとは思えない。ルイス・ハミルトンが「ホテルのフロント以外で人に会わない」と皮肉っているくらいなので、水増しは間違いないだろう

しかもサーキットの近くにはほとんど宿泊施設がなく、関係者の多くはモーテル(ラブホテル)を使う羽目になっているのだそう。この辺もドライバーのTwitterなどから、その待遇の酷さが伺える。フェルナンド・アロンソTwitterに投稿された画像にはおよそ世界のトップドライバーに似つかわしくない貧弱な設備が写されていたし、ウェバーが投稿した画像にはなんと部屋の天井に這いつく無数の蜘蛛まで写っている始末

つくづくあの国には世界的スポーツイベントを催す素地がまったくないのだと痛感する。契約年はまだ残っているらしいが、FIAはさっさとそんなもの反故にして二度と開催しないようにした方がいい

広告を非表示にする