カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

悪夢は繰り返されるのか

フィギュアスケートグランプリ・ファイナルは日本の男女優勝という素晴らしい結果に終わったが、その裏でどうしても気になるアノ女が浅田真央選手を上回る得点を出し、優勝していた

しかし、映像を見れば一目瞭然。これが世界最高の演技などと、韓国人以外の誰も思わないようなヒドイものであったまずSP。得意の2Aをミスし、ステップは終始もたつきがちなのにも関わらずレベル4認定。PCSは爆盛でなんと73.37点。演技構成的にはGPF出場全選手と比べても下位に位置するものであったにも関わらず、トータルで浅田真央選手の72.36点を上回ってしまったそしてFS。冒頭の最も配点の大きい3ルッツ+3トゥループで転倒し、着地後にバランスを崩した3サルコウ+2トゥループにしっかりGOE加点がつき、その後の腰高シットスピンがレベル4、上体の反らしがまったく足りない突っ立ちレイバックスピンにもレベル3判定プラスGOE爆加点。スパイラルもスピンも全体的に柔軟性に欠けるのにGOEは毎回しっかりもらう

何より有り得ないのが、技術的に何も見るべきものがないのにPCSのスケーティングスキルがGPF出場者の誰よりも高い9.05(GPFの真央ちゃんは同8.64)だったこと。この一時のみをもって明らかな不正の証拠と言い切っても過言ではないと断じる

以前から言っているが、この結果にキム選手自身が満足気な表情を浮かべてしまうことが悲しくて仕方ない。ここまでくると競技への冒涜というものだろう。アスリートであるなら、今季の自分のプログラムに何も新たな挑戦が無いことはわかっているはずだ。それどころかビールマンポジションを一度も取らない(必須でないことは無論わかっている)ことなどからもわかるように、身体の柔軟性は以前よりも大分失われてしまったように見える

このままオリンピックまでこの茶番劇は続くのだろうか?誰の目にも分かる形で浅田選手が最高の演技を見せれば、不正があってもあるいは勝てるかもしれないが、バンクーバーのときのことを思うと暗澹たる気分にならざるを得ない。これ以上悪夢のような結果は見たくない

広告を非表示にする