カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

あなたのおっしゃる海外ってどこの国のことなのかしら?

自らの靖国神社への参拝について記者の質問に答える新藤義孝総務大臣自分たちの取材によって得たものをぶつけるのならともかく、なぜいつも「○○さんがこう言っているぞ」「海外(中韓)が反発しているぞ」というのを頼りにするのか。「権力の監視」が使命だとか言うくせに、その根底にある権威主義的価値観が透けて見える物言いだ

朝日新聞のイトウが言う「日本国政府として」はA級戦犯なるものは既に存在しないのが事実。よって「ケジメ」もクソもなく、参拝に四の五の言われる理由などまったくない

まして新藤大臣は硫黄島の戦いで知られる栗林忠道大将の実孫。先祖の慰霊に一体何の問題があるというのか逆に問いたいものだ。外交関係を悪くしているというが、これを問題にしている中韓は閣僚が靖国神社に参拝しようがすまいが普段から反日を国内統制に利用している国家なのだから、「配慮」など何の意味も為さないことは過去の事例からも明らかだ

戦没者および公務死者の慰霊は国政を預かるものとしてはむしろ責務であり義務。それでいいのだ