カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

走り始めて一周年のふりかえり(前篇)

昨年の6月人生初の入院を経験し、改めて自分の不健康っぷりを思い知り、一念発起して肉体改造に取り組み始めたのが去年の8月1日

週3回の筋トレと食事管理から手をつけたが、やはり体の隅々にまでこびりついた脂肪を減らすには有酸素運動も取り入れねばならない、と考えて走り出したのが同じ月の中旬。その後、ただ走るだけではまったくモチベーションが上がらないのでiPhoneアプリNIKEプラスを導入して記録を始めた。その最初の記録がこれ

走行距離もタイムも今思えばヒドイものだが、この頃の体重は今よりも30kg近く重い104kgくらい。しかも歩き区間込みの記録なので、まあこんなもんでよくやる気を失わず続けたもんだ、と思う

一ヶ月もすると5kmくらいをノンストップで走れるようになってきた

といってもペースは1kmあたり6分以上。走り方もあまりよくなかったのか、硬いコンクリの上を走ったりするとすぐ膝が痛くなってしまっていた

10月に入るとさらに距離は伸び、タイムも1km5分台に

この頃は大会に出ようなんてつもりはサラサラなくて、ひたすら脂肪燃焼のために「ある程度の距離と時間」「継続的に」がテーマだったのだが、日々少しずつ「ある程度」のレベルが上がっていくことに面白さを感じ始めたのもこの頃だったように思う

面白さに目覚めてしまうと、走らないことが「勿体無い」と思ってしまうようになり、ほぼ日課と化してきた

結果11月のランオフはたったの3日(!)。走行距離はじりじりと伸び、このままランナーへの道を突き進むかと思われたが、12月の初めドカ雪の到来とともにその歩みは突如ストップ。近所の凍結路はランニングシューズではまったく太刀打ちできず、そのまま長期のランオフに入ってしまった

2014年中の(記録に残る)月別総走行距離は以下のとおり
8月 39.6km
9月 95.4km
10月 159km
11月 171km
12月 28.2km←一度スベッてコケる。以来、凍結路は絶対走らないと心に誓う
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする