カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

30kmペース走敢行!キロ5分マシーンにオラはなる

昨日一昨日とセット練習をこなし、本来ならランオフにすべき月曜日だったのだが、日曜出勤の代休だったのでロング走に出ることにした

疲労抜きを兼ねてLSDに出ようかとも考えたものの、岩本式では初心者以外のLSDはデメリットの方が大きい、ということになっていたので、30kmのサブ3.5レースペース走で行くことにした。これなら、セット練で若干疲労した脚に追い討ちで喝を入れられるし、レースシミュレーションにもなるから悪くはないはず

月間走行距離の6分の1を基準とする「一度に走っても良い距離」の条件もクリア。すでに8月の走行距離は300kmに達しているので問題はない

コースはなるべく信号等に停められたくないので北上川沿いの遊歩道を周回することに決定。補給用にグリーンDAKARAアミノ酸粉末を混ぜたドリンクを用意。これをボトルポーチで運んで、5kmごとに飲むことにした。外へ出ると小雨が降ってきたので、シューズはそろそろ耐用限度を迎えるライトレーサーをチョイス

最初の1kmを4分47秒で入ってしまった後、ピッチを微調整して次のラップからは淡々と1km5分を刻んでいく。今日は何がハマったのかわからないが、自分でも驚くほどの正確さ

10kmの通過タイムは49分44秒。同じく20kmでは1時間39分49秒と、自分で言うのもなんだが見事にキロ5分ペースを守れている

22、3kmを過ぎたあたりから疲れが出始めたのに加えて、雨が本降りになって全身ずぶ濡れで気分ガタ落ち。水溜りに脚を踏み入れるたびにさらにテンションが下がっていったが、本番も雨にならないとは限らないので「これもシミュレーション」と自分に言い聞かせてペースを維持する

イーブンペースで走っているのに、いわゆるドリフト効果で心拍が上がって、呼吸が苦しくなってくる。しかし、これに耐えられれば本番のサブ4は確実と思って踏ん張る

落ちかける骨盤を引き上げ、楽をしようとする腕を、肩甲骨を引き寄せて振り、ピッチを落とさないようにリズムに乗ってー、、、とやっているうちに30km通過。本当はもう2kmペースを上げて走ろうと思っていたのだが、さすがにメンタル的に限界だったので、そのまま600mほど同ペースで走り続けて家へ帰った

帰ってからガーミンコネクトで確認すると、30kmの通過タイムは2時間29分46秒!キロ5分イーブンペースと、たったの14秒しか違わない。これはもうマシーンだよ、マッシーン

とりあえずサブ3.5ペースで30kmまで「移動」するシミュレーションには成功した。無論条件は同じではないから本番でも同じことが出来るとは限らないし、残り12.195kmも同じように走れるかどうかは今のところわからない

しかしセット練から立て続けで走って出した結果だということは素直に「よくやった!」と思う。前にサブ4ペースでの3時間走をやったときは、家に戻るや脚の痙攣に襲われ、疲労感で半日寝入ってしまったが、今日は練習後すぐに買い物に出て一日中動き回っても少し脚が重いくらいでダメージはほとんどない

これはちょっとくらい自信つけても良いかなー?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする