カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

【不安】疲労蓄積中につき撃沈の巻【増幅】

田沢湖マラソンの後は湯沢市のカミさんの実家へ。晩ご飯には地元の三梨牛の焼肉をいただき、エネルギーを補給した

翌朝は5時前に起床。レース翌日とはいえ本命レースを2週間後に控えた今、走る環境の整った湯沢にいながら休むのはもったいないので、レースペース走へ

まだ薄暗い中、田んぼの間の農道を走っていたら、正面から来た軽トラのおっちゃんが思いっきりスピードを落として怪訝そうにこちらの顔を覗き込んできた。あ、怪しくてすみません(-。-;

10km程で腿に疲れが出てきてしまったが、それなりに調子よく走れていたので15kmまで走って終了

盛岡に戻って翌日は朝寝坊( ̄◇ ̄;)。昨日の疲れ具合から考えて、そろそろオフでも良いかとも思ったが、せっかくの休日に走らないのもなんだかもったいない

午後になって息子が近所の友達の家へ遊びに行ったので、ここぞとばかりに走りに出た

ロングのペース走で、できたら30km走りたいと思ってYURENIKUIを装着して走り始めたが、もう最初から脚が重い。それでも4、5kmも走れば多少は調子が出てくるだろうと考えて、我慢して走り続けたが、疲労感に暑さも加わってどんどん苦しくなるばかり。当初の30kmの予定は早々に断念し、なんとか25km、せめて2時間、ペース落としてもいいから20kmと、徐々に目標を下方修正

そうこうするうちに内転筋に軽い痛みが出てきてしまったので、もうキリのいいところで止めよう、と決心し、15kmで大きくペースダウン。そのままLSD並みのペースに落として家へ帰った

ロング走のつもりがただの遅いペース走になってしまい、疲労を蓄積しただけの一番ダメな練習(-"-)。アップルマラソンまでの残り時間を考えると、タイミング的に最後のロング走のチャンスだっただけに、この結果はかなりガッカリ。やろうと思えばやれたのかもしれないが、振り返ると走りながらずっと早くやめる理由探しばかりしていたような状態だったので、メンタル面の弱さも痛感させられた

果たしてこんなことで42.195kmの厳しいレースを走り切れるんだろうか?ずっと言い続けているが、レースが近づくにつれて不安ばかりが大きくなってくる。レース前に一度でいいから、自信というか走り切れる根拠となるような手応えを得ておきたいのだが、、、まずは1日休んでこの疲労をしっかり抜かないと、ですね

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする