カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

【あと10日】直前ポイント練第一弾!ソツケン15kmビルドアップ走

いよいよフルマラソンデビュー戦の弘前・白神アップルマラソンまであと10日。朝4時40分に起き出すと、まだ外は真っ暗。日が短くなってきた

そそくさと準備。なるべくレース本番に近い状況で走りたかったので、とくに必要はないがYURENIKUIを装着。シューズはアディダスAdizero MANA7をチョイス

今日のメニューは岩本流直前ポイント練習の第一弾となる「ソツケン」。想定レースペースでスタートして5km走り、次の5kmはそれより1分速く、次の5kmはさらに1分半速く走る、いわゆるビルドアップ走。アタクシの場合はサブ3.5のレースペースになるキロ5分、5km25分を最初の5kmのペースとするのが妥当な線。岩本氏によれば、この「ソツケン」をクリアできれば、本番で設定タイムどおり走れる可能性がかなり高くなる、とのこと

無論、岩本氏が推奨する練習をすべてこなしてきたわけではないし、とくに重要な「峠走」についてはかなりレベルの落ちる代替練習しかできていないので、これができたらサブ3.5を達成できる、などと甘く考えてはいない。が、フルマラソンに対する不安が日に日に増している今、きっちりクリアして、少しでも走れる「根拠」を見出しておきたいところ

踵で尻を蹴り上げるウォーミングアップ運動を少ししてから、気合を入れてスタートした

調子はハッキリ言ってあまりよくない。走り始めから、腿の内側に痛みというほどではないが違和感。2日前のペース走撃沈の記憶が蘇るが「今日はなんとしても走りきる」「最終的にタイムが足りなくても最後までやりきる」と自分に言い聞かせた

少し肌寒いくらいの気温のせいか、10kmまでは極めて順調。ここからグッとペースアップ。気合を入れ直して脚に力を込め、少し経ったところでガーミンを覗き込むとラップペースが4分w。これでは絶対保たないのでスピードを落とす。どうもアタクシはこういうキロ10秒とか20秒くらいのペースの上げ下げがヘタ。もっと正確なペース感覚が欲しい(-。-;

そのまま1kmも走るとかなり苦しくなってくる。心拍数が上がり、呼吸も荒くなってきたが、これこそが本来の練習。苦しくなってからが本番!とばかりに歯を食いしばる。朝の散歩をしている人たちが、変な顔でこちらを見るが、そんなことは気にしていられないw。レース本番、最終盤の苦しさを想像しながら15kmを走りきった

結果は以下の通り
0-5km 目標25分00秒(5分00秒/km) 結果24分08秒(4分50秒/km)
5-10km 目標24分00秒(4分48秒/km) 結果23分17秒(4分39秒/km)
10-15km 目標22分30秒(4分30秒/km) 結果21分38秒(4分20秒/km)

ソツケン、合格です!∩( ・ω・)∩

脚の重さを抱えながら、今までで一番良いタイムで走れたことがとても嬉しい。とくに最後の5kmはよく粘れたと自分でも思う

というわけで直前ポイント練習の第一弾はクリア。次はダウンヒル走ダーッ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村