カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

【あと7日】なんちゃって登山からのダウンヒル走

フルマラソンデビュー戦のアップルマラソンまであと7日。今日はまず朝からカミさん、息子と網張スキー場へ。もちろんまだスキーシーズンではないが、ここは岩手山のふもとの展望エリアまでリフトが稼働している場所。ここから岩手山に向かう途中にある犬倉山の山頂までのなんちゃって登山をしてみることに

リフト3基を乗り継いでかなり上の方まで行けるので道中は楽々。リフトを降りて展望エリアで休憩した後、そこそこの勾配の登山道を30分ほど行くと山頂に着いた

去年から山へ行ってみたくて仕方なかったカミさんは大満足。文句を言いながらも歩き通した息子も満更ではない様子。山のキレイな空気を存分に吸い込んで、気分良く山頂を後にした

ハイキングの後は休暇村網張温泉のレストランで食事。食後は自分一人だけ着替えてレース直前ポイント練習の第2弾、ダウンヒル走へ。標高750m超の網張温泉をスタート地点に300mほど下った場所にある相の沢温泉お山の湯まで9km弱を走るトレーニング。カミさんと息子は車で先回り、一足先に風呂に入って待ってもらう、という算段

本番用シューズのMANA7に履き替え、下り勾配を勢い良く走り出す。骨盤の前傾を心がけるとストライドが伸び、スピードが出てバシバシと足音が響くが、むしろこれが狙い。一歩一歩太腿前方の筋肉が強く速く収縮して衝撃を受け止める

これは良い練習になる、と意気込んでスピードを上げたのも束の間。最初から無酸素に近い領域で走ってしまったせいか、1kmも行くとあっという間に息が苦しくなってきた。3kmまではなんとか踏ん張って1km3分40秒台のペースを維持して走ったが、ほどなく突然下りから上りに転じる区間に入り、ここで大きくペースダウンし歩き出してしまった。「大丈夫!岩本さんも登り坂は歩いてもOKって書いてた」と都合の良いことを思い出してしまったが、実際はヘタれただけ。そのまま数百メートルとぼとぼと歩いていると、突然雨が激しく降ってきた。びしょ濡れになりながら上り坂の終わりまでたどり着き、立ち止まって一呼吸おいた後、ふたたび走り出した

下り坂なので走り出しからスピードが出てしまい、やはりすぐに苦しくなる。脳から「歩け」の指令が出るが、それでもまた止まってしまったらせっかくのトレーニングのチャンスをフイにしてしまう、と思い直し、スピードダウンしながらも走り続け、最後はキロ4分を超えるところまでペースを落としながらも、なんとか相の沢温泉お山の湯の入口まで走りきった

結果としてこれを書いている今、大腿四頭筋に筋肉痛が来ているので、トレーニングの効果はちゃんとあったと思う。しかし岩本氏が推奨する、7キロから10キロを「一気に」下ることはできなかったのでやや不完全燃焼な感じ。ここで岩山ロードワークを入れて今日の補完トレとする手もあるが、レースまでの残り時間を考えると、ヘタに疲れを残さない方が良い気もする。ひとまず明日朝は筋肉の超回復を期して休もうと思うが、水曜に予定している最後のポイント練習までどうスケジュールを組むか、悩ましいことになってしまった(-。-;

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする