カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

人生下り坂最高

さて水曜朝は恒例の岩山ロードワーク。先週はヘタレて行き帰り7kmしか走ってないので、今日のテーマはキッチリ10kmを「完走」すること

毎度のごとく数百メートル緩めの登りを走っただけで呼吸が荒くなり、イヤになってくる(゚o゚;;しかし今日はとにかく「完走」すると決めたので、歩幅を縮めてでもとにかくピッチを刻んで身体を押し進める

途中、歩道を覆う杉の枯葉の上を走ったが、これがほどよいクッションになって脚に優しい感じ。下りだと滑るのが怖いが、上りなら推進力の妨げにもならず、むしろ心地よい

なんだか妙に楽しくなって走るうちに岩山展望台に到達。いつもならここでひと休みするのだが、今日はすぐに踵を返して下り道へ

最初勢いよく下り過ぎて脚の回転がついていかずコケそうになるが、傾斜が緩やかになったところでスピードを少し落とし、キロ4分から3分50秒程度のペースで淡々と下る。本当の全力ではないものの、感覚としては90%以上のスピードをキープ。脚と腕がしっかり連動して視界から自分の脚が消えたらしめたもの。NHKBS「こころ旅」の火野正平さんの名文句「人生下り坂最高〜」を脳内で叫びながら走った

自分としては最高速に近いスピードで最後の3kmを続けて走ったことで、走り終わりにはすっかりバテバテ。しかし「やりきった」ことの満足感は大きい。やはり岩山ロードワークはフィジカルだけじゃなくメンタル面も鍛えられる良い練習になっていると思う

これだけ走って汗をかけば体重も良い感じだろー!と家に帰って体重計に乗ったら、昨日より1kg増、、、、なぜ?(-。-;
↓ポチッとしていただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする