カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

フルマラソンラッシュに刺激受けまくり

土曜日は出勤までの猶予を見て1時間半。最初の3kmをTペース超でトばして、残りはスロージョグと思ったが起き抜けはやはり脚が動かず。最初の1kmが5分を上回ってしまったのでトばす距離を1km延長。そこからいつもの川沿い周回コースのジョグに入った

川辺から土手に上がっていくと、前にひとりのランナーが。たぶん自分より若い男性。マジ走りっぽいランナーに出会うのは珍しいので、興味本位で後方10mくらいのところからペースを合わせてみるとちょうどキロ5分くらい。程よいペースなので、体良くペーサーになってもらおうとそのまま後を追ったら、チラチラと腕時計を見やりながら少しずつペースを上げだした

「お、ビルドアップですか?お供しましょう~」と勝手についていくと、どんどんペースを上げる。体感でキロ4分半くらいかな?と思いながらついていったら、自分のガーミンの自動ラップのバイブが震え、覗き込むと4分11秒w。「すげー、サブ3ペースですかー」とこっちもがんばって走ったら、土手から道路に出るT字路のところで彼は右、アタクシは左に曲がってお別れとなった

ここで再度ペースダウン。呼吸を整えながらスロージョグに切り替え。脳に酸素が回るようになったところでハタと気付いた

さっきの人、オレから逃げてたんじゃね?(-。-;

つい面白くなって、ついて走ってしまったけど、考えてみたら、まだ薄暗い早朝に後ろから見ず知らずのオッサンに追いかけられるわけだから、そりゃ普通逃げるよね、、、orz。すんませんでしたm(_ _)m

そんなこんなの15kmのお伴はmana7でした

明けて今日日曜は朝から風と雨が強かったので華麗にランオフ。秋田県湯沢市のカミさんの実家にお邪魔していたので、まさかズブ濡れで走ってくるわけにもいかず、仕方なし

のんびりと朝の時間を過ごし、9時過ぎからは、さいたま国際マラソンのテレビ中継に見入った

会社の後輩が一般サブ4の部で出場していたので、ランナーズアップデートとともに見ていたのだが、コース図や事前情報で見ていたよりも厳しそうなコースで後輩も苦戦した模様(それでも彼は楽々サブ3.5だったけど)。テレビ画面で見てもわかるくらいのアップダウンがあり、これで最大標高差が20m程度とはちょっと信じられなかった

今日はそのほかにも神戸マラソンに金沢マラソンとフルマラソンが各地で開催されていたので、ゴール時刻を過ぎる頃には、あちこちのブログで結果報告がアップされていて、それを読むのに大忙しw。目標タイムをクリアした人、できなかった人、結果はさまざまだが、大いに刺激を受けまくり。全然知らない人ばかりだけど、ブログで日々の努力は読んできているので、まったく他人事とは思えず、読みながらその場にいる気分で一喜一憂してしまった

今日走った皆さん、お疲れ様でした!

さいたま国際はレースそのものも面白かったし、やはりフルマラソンはドラマがある

自分の次のフルマラソンは2月のいわきサンシャインマラソン。こちら岩手では雪の降っている時季のレースなのでファンラン決め込もうと思っていたけど、ブログ村の方々のレースレポを読んでいたら、最初からファンランとか言ってるのもなんだか失礼なんじゃないか?という気になってきた。出る以上、無理はしないにしてもベストを尽くすべきなんじゃないかと!

いや、まあ雪降ってからどのくらい練習できるか見て改めて考えますけどね(弱)

(蛇足)
さいたま国際マラソンの優勝インタビューの通訳の人、キャラ濃かったですねww

↓ポチッとしていただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする