カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

足攣り対策にもう一品

水曜朝は岩山ロードワーク!のつもりが、まっっっっっったく気分が乗らず、普通にジョグに出てしまった

眠気のせいか妙に脚が重く、呼吸も苦しい。体調でも悪いのか?と思ったが、よく考えたら水すら飲まずに走り出してしまったことに気づく。なかなか脚が出なかったが「このままでは練習にならん!」と、やっとのことで目覚めてスピードアップ。走り始めから2.5kmほどのところから、キロ4分30秒から4分15秒までビルドアップ気味に上げつつ4km。あとはキロ5分のMペースに落として家まで戻った

片方ずり落ちた靴下に朝のやる気の無さが見て取れる(-。-;

月曜日の出勤前に少し時間をとって病院で肝硬変の定期検診へ。と言っても毎月採血をして経過観察をしてもらっているだけなのだが、ひととおり先月の血液検査の結果を説明した後、主治医の先生が「最近、こむら返り起こりませんか?」といきなり聞いてきた。先生が聞きたいのは以前頻繁に起きていた就寝時のふくらはぎ痙攣のことだと思ったので「最近はあまりないです」と答えたのだが、もしや良い対策を教えてもらえるのでは?と思い直し、ちょっと考えてから「でも脚を酷使した時は激しく攣ります」と付け加えた。すると先生は、待ってましたとばかりに「じゃあちょっとお薬追加してみましょうか?」と言ってきたので、素直に従ってみることにした
f:id:ston:20151120221218j:plain
で、処方されたのがこれ

エルカルチンFFといって、要はL-カルニチンサプリメントみたいなものらしい。これを食後に2錠飲んでいるのだが、今日までのところ、確かに痙攣の気配すらない。まあ、まだ単純に脚を酷使する機会が無いというだけの話かもしれないが、今まで、変な姿勢をとったときなど、ふとした拍子に感じることのあった痙攣の「予兆」すらないというのは、もしかすると本当に効果があるのでは?と期待させられる

これが痙攣対策の決定打になるなら嬉しいのだが、この薬、目ん玉が飛び出るほどお高いorz。30日分で諭吉さんがペアで吹っ飛ぶくらい。薬局で会計するとき、あまりに高額な支払額に思わず目を疑い、さらには金額計算をやり直してもらったくらい(((( ;゚д゚))))アワワワワ。これ、なんとかもっと安くならないもんだろうか?

↓ポチッとしていただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村