読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ただの150分走とひさびさの映画鑑賞

トレーニング 映画

日曜日はロング走のチャーンス!と言っても朝9時過ぎ頃には家を出なければならなかったので、トレーニングのタイムリミットは8時。5時前には目覚めたものの準備しているうちに5時半近くのスタート。必然的に練習メニューは150分走となった

ロング走の位置付けは来年2月のいわきサンシャインマラソンと6月のいわて銀河100kmに向けた土台作り。そのため基本的にペースはあまり気にせず、とにかく長時間走り続けることに徹した。以下本日のタイムペース一覧


途中ラップタイムが極端に遅いところは、トイレ休憩2回、補給2回(一度はトイレと補給同時)。中途半端な距離になってしまったが、時間走なのでそれは気にしない。道中ほぼEペースだったので脚にダメージはほとんどなし。低負荷の練習でどこまで効果があったかはわからないが、最後ペースアップしても余裕を残して終えられたので良しとしよう

走った後は息子が実家に泊まりに行っていていなかったので、カミさんと二人で映画館へ。夫婦二人きりで席を並べて映画を見たのって、「永遠の0」以来だから実に1年ぶり。観たのはこれ

「海難1890」
エルトゥールル号遭難事件は知っていたし、「海の翼」という、この事件を題材にした小説も読んでいたので、ストーリーにとくに目新しい点はなし。映画としての構成、史実の再現性については細かいツッコミどころもいくつか目に付いたが、割とそんなことはどうでもいいのかも

大事なのは、この史実を知ること。埋もれた歴史を掘り起こして、遠く離れた異国どうしの人々の交流を今に伝えることなんじゃないのかと

とりあえずこの史実を知らない人は、この映画を観るか、下記の本あたりを読まれることをオススメします

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする