カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

土台つくったるわー

そんなわけで昨日の「自分に足りないのはスタミナ」という当たり前すぎる結論を受けて、今日のテーマはズバリ「土台作り」。LSDで毛細血管育成です

朝6時前に着替えとトイレ済ませて一度外に出てみると
寒い(((=_=)))
たぶん路面は乾いているとは思うが、こういう時に油断するのはマズイので、シューズは多少の凍結路でも走れると(自分基準で)定評のあるMANA7をチョイス

まだ暗い道を決して苦しくならない程度のペースで、フォームをチェックしながら進む。今日特に意識したのは体幹

今までも意識してなかったわけではないのだが、最近長時間走ると足の先端に近い方から筋肉が根を上げがちなことに気づいた(遅)

まず丹田から手脚が伸びているイメージを持つ。身体は直立させて骨盤に上体を乗せて全体を軽く前傾。脚は腕振りによって回転する骨盤に牽引されるような感覚で走ってみた。あくまでもイメージに過ぎないが、こうすると足首やふくらはぎからスッと力が抜けたような感覚がある

ペースは遅いが、前回途中でヘタレてしまった140分をさほどダメージを感じずにクリア。当初目標の150分を超えたところからキロ7分から4分半までの間でペースを上げ下げして走り、180分に達したところで終了とした

LSDとしては全体的に少々速くなってしまったが、3時間じっくり走ってそれなりに距離も踏めたので満足度は高い。余裕もあったので、同じくらいのペースならあと1時間は問題なさそう

低負荷の長時間運動は慣れてしまうと楽なので今まで「逃げ」として使ってきた部分が大きいのだが、持久力とスピードの両方を追う高負荷のトレーニングは途中でヘタレて結局狙った効果が得られないことも多い気がする。少なくとも100kmウルトラデビュー前の5月までは持久力の育成を最優先して、積極的にペースを落とした長時間低負荷のトレーニングを取り入れていきたいと思う

一から出直し。しっかと土台を作るぞ

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする