読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

最近読んだ本

ほぼ全部吉村昭
隧道掘削工事史上稀に見る高熱岩盤と闘った技術者と人夫たちを描いた作品。情景が目に浮かんでくるような精緻な描写にぐいぐい引き込まれる

高熱隧道 (新潮文庫)

高熱隧道 (新潮文庫)

最近はかなり有名になったエルトゥールル号遭難事件およびイランイラク戦争時のトルコと日本の交流を描いた小説。ストーリーに若干穴はあるものの読み応えあり
海の翼 (PHP文芸文庫)

海の翼 (PHP文芸文庫)

文学作品というよりも記録と証言の拾遺集。子供たちの作文が涙を誘う
三陸海岸大津波 (文春文庫)

三陸海岸大津波 (文春文庫)

ここから先は吉村昭の幕末・明治医師列伝とでもいうべき作品群。複数の作品にわたるさまざまな人物の邂逅と群像劇が楽しい。おかげで幕末から明治の日本の医療史にえらく詳しくなってしまった気がする
ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)

ふぉん・しいほるとの娘〈下〉 (新潮文庫)

ふぉん・しいほるとの娘〈下〉 (新潮文庫)

雪の花 (新潮文庫)

雪の花 (新潮文庫)

冬の鷹 (新潮文庫)

冬の鷹 (新潮文庫)

暁の旅人 (講談社文庫)

暁の旅人 (講談社文庫)

今は高木兼寛を描いたこれを読んでいる
新装版 白い航跡(上) (講談社文庫)

新装版 白い航跡(上) (講談社文庫)

広告を非表示にする