読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

最近読んだ本

最近読んだ本。まだまだ続くよ吉村昭

史上初めて脚気撲滅に成功した医師・高木兼寛の半生を描いた長編。日本の陸海軍で明治半ば過ぎまで脚気による死者の方が戦死者よりも多かったという事実に戦慄。高木の脚気食物由来説に反して細菌説を唱えて高木を攻撃しつづけた森鴎外が半ば悪役扱いなのが面白い。日本医学界の臨床実験と学術研究の相反がどこから始まったのかがこれを読むとわかる吉村昭の幕末史劇を読みすすめるうちに興味を持ったオランダとの出島外交について、オランダがもたらした風説書による対外情報から読み解き、世界史の動きとともに俯瞰する歴史読本。論文を下地にしているのでやや学術的な色彩が強いが、文体は平易なので読みやすい。やや推測を断定的に語り過ぎるきらいはあるが、「鎖国」下の日本の対外関係をざっくりおさらいできたのは楽しかった
桜田門外ノ変(上)

桜田門外ノ変(上)

今読んでる本。知ってるようで案外知らない桜田門外の変を実行犯のひとり関鉄之介の視点から描く長編小説。周辺事情も詳述されているのでまた知識が深まりそうで楽しみな一冊だ

広告を非表示にする