カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

シューズ新調

去年の8月から始めたランニング。もともと脂肪を落とすことがメインテーマだったので、レースに出ようとかフルマラソン走ろうとか当初は全然考えていなかったのだが、はずみで5月にハーフマラソンに出場することにしてしまったので、そこへ向けた練習を今やっている

そんな最近浮上してきたのが靴の問題。まだ体重が100kgあった頃に膝を守るために購入したランニングシューズはアシックスのGT-2000ニューヨーク2スーパーワイドというヤツ

何もわからなかったので目的とランニングのレベルをごく正直に伝えた結果スポーツショップの店員にオススメされたのがこれだったのだが、後で調べてみたらランニング初心者の定番シューズだったということでまあ納得。さっそく古いウォーキングシューズからこれに履き替えて走り始めたところ効果てきめん。膝や脹脛の痛みがずいぶんと和らぎ、硬いコンクリートの上でもスイスイ足が進むようになった

12月に入って雪が積もった時に一度このシューズを履いてコケたので、それ以来雪の日は走らないと決め、結果12月から3月中旬まではほとんど走ることができなかったのだが、雪解けとともに猛然とランニング再開。4月はとうとう月間200kmを突破。NIKE+アプリの記録で走行距離をチェックしたところ、ニューヨーク2だけで900kmに近づいていることに気づいたのがつい先週。そこで思ったのは、これってランニングシューズの寿命を超えちゃってるんじゃないのか?ということ。実際裏返してソールをチェックしてみると、つま先からかかとまでほぼまんべんなく磨り減り、おそらくグリップ力はだいぶ落ちているだろうという状態

そんなこんなでランニングシューズを新調せねば、ということになった

とりあえずメーカーの選定から。「やっぱり日本人なら鬼塚タイガーだろ!」ってことでアシックスがファーストチョイスなのだが、一応スポーツ用品店で他の主要メーカーも試してみた。まずナイキはどれ履いても「ナイキでござい!」という自己主張が強すぎてイマイチ気が乗らないのでパスw。次にニューバランス。幅広なのはよい感じがするが、フルマラソン4時間切りレベル以上のシューズは軒並み1万円を軽くオーバーする価格なのでこれもパス。残るはアディダス。これが結構迷った。アディダスもそこそこ値の張るシューズが多いのだが、adizero mana7とadizero takumi idomiはともに1万円を割る価格で走力レベルにも合っている感じで悪くない

さっそく履いてみるが、これがまあ予想通り横幅が狭い。一応3E相当を謳うワイドタイプを試したのだが、それでも小指の方が詰まる感覚があり、普通に立っている分には問題なくても長距離を走るにはやや不安のある感じ。これはナイキも同じような感覚だったのだが、それでもアディダスの方が幾分踵がきっちり収まる感はあったので、少なくともアタクシの足には「ナイキよりアディダス」ということはわかった

次に本命のアシックス。GT-2000からのステップアップということで候補に挙がったのは次の3タイプ

ゲルDSトレーナー、ゲルフェザーグライド、ライトレーサー。このうちライトレーサーはRSというレーシングタイプとTSというトレーニングタイプに分かれているのだが、ここは耐久性重視でTSの方を候補とした。それぞれ履いてみるとサイズはどれもGT-2000のときの27だと明らかに小さい。これをワイズはレギュラーのまま27.5にするとピタリと合った。スーパーワイド(4E相当)を履いていたくせにいきなりレギュラー(2E)ってどうよ?と思うが、不思議なことにアディダスのワイドタイプよりしっくりくるのだから仕方がない

サイズが決まるとここからは簡単
「この中で一番安いやつにしよう!」w
ということで唯一1万円を大きく割り込む価格設定のライトレーサーTSにあっさりと決定したのであった

購入翌日の今朝さっそく10kmを走ってきた感想はズバリ
軽い!
これがまず一番。クッション性は想像していたよりもあって、最初はちょっとフワフワした感じがするかな?とも思ったが、km4分20から30秒ほどまでスピードを上げても踵がずれるような感覚はまったくなく、軽快かつしっかりと路面をとらえてくれる。走り終えたあとの足に残る疲労感も少ない気がする

シューズを替えたからといって、劇的にタイムが上がることなんてないだろう、と思っていたのだが、終わってみれば10km、5km、1マイル、1kmの記録を更新していた。1kmだけとはいえ4分10秒で走れたことには自分でも驚き。そこまでペースを上げた感覚が自分にはなかったので、これはシューズの効果なのかもしれない

さて新しい装備を手に入れ準備はできた。2週間後に迫った初めてのレースでどんな結果が出るか?ま、まずは完走を目指しますデス

広告を非表示にする