読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

初めての沖縄最終日!二度目のラン

トレーニング 旅行

あー、帰りたくない。帰りたくない。帰りたくねーなー(もう帰ってきてるけど)

それでも来てしまった沖縄最終日。ビシッと走って締めよう、と思って気合とともに外へ出たら雨(-。-;まあそれでも気温は20度近くあって夏のシャワーランくらいの感覚だったので、覚悟を決めて走ることに

今日は昨日走りそびれた泊大橋を渡ってみたかったので、那覇港埠頭から昨日とは逆回りに走り出した

雨に濡れたせいか走り出して1kmも行かないうちから腹の調子がどうも怪しい。少し我慢して走っていたら、本格的にヤバくなってきたのでコンビニを探すも見つからず。やむなくホテルのロビーに飛び込もうとしたら近辺はラブホだらけw。それでも中にトイレがあるかも、と思って入ってみたら、管理人さんに見つかる

「やべっ」と思うが早いか「お部屋ですか?」と聞かれたので覚悟を決めて「トイレ貸してください!」と言ったら、トイレの場所まで案内してくれた

沖縄の人、やさしい。・゚・(ノД`)・゚・。

あのときのラブホの管理人のおねえさん(30代くらい)、ありがとう

用を足したところで仕切り直し。波の上橋を登っていくと、下には小さな入り江と砂浜、その先の小高い崖の上に波上宮が見えた

波上宮は夜通しライトアップされているらしい

波の上橋を越えると、すぐに今度は泊大橋へ


この橋が結構な上り。勾配自体は大したことないと思うが、周りのビルよりも高さがあって、そのうえ海から吹く風がモロに身体にあたって煽られるので、高所恐怖症の人はチビりそうになること必至


泊大橋の頂点に達して、一応の目的は果たしたのでここでUターン。今度は那覇マラソンの発着点となる奥武山陸上競技場のある奥武山公園を目指してみることにした

橋を駆け下り、暗く狭い歩道を走っている時、反対方向から来た車のヘッドライトが視界に入り、一瞬足下がまったく見えなくなった。その次の瞬間、踏み出した右足が予想より高い位置で地面につき、身体がつんのめる。ヒザかっくんのような状態で二、三歩堪えたが、身体を立て直すことができず、前のめりに左ヒザでブレーキをかけるようにして転んでしまった

痛みは大したことなかったが、明らかにヒザのあたりを大きく擦りむいたのがわかる転け方。立ち上がって、ヒザを見ると予想通り大きめの擦過傷ができ、血が流れ出ていた

転んでしまったものは仕方ないし、痛みもあまりなかったのでそのまま予定通り奥武山公園へ。ただしテンションはガタ落ち

奥武山公園の中に入ってしばらく走ると護国神社の案内看板を発見。神社好きとしてはこれは見逃せないので、ついでに参詣してみることに

案内看板に従って走っていくと鳥居を発見


手水舎で手を清め、お参りしようとしたら、残念ながら賽銭箱は建物の中。とりあえず外からお参りするだけにとどめた

ここまで結構時間がかかってしまったので、あとは奥武山公園内をまわって帰ることに

護国神社を中心に回り込むようにつながっている通路。ここ、アンツーカーのような弾力があって走りやすい。と思っていたら何か書いてある

距離表示じゃん!どうもここはもともとランニングコースらしく、それなら走りやすいのも納得。さらに少し進むと発着点を発見した

一周1066mのランニングコース。ちょっと半端だけど、日常的にこんな走りやすいコースを使える人がうらやましい

もっと走っていたかったが、時間切れ+ヒザの出血がヒドイ+雨が強くなってきた、のでホテルへ退散。9.2km、一時間ほどで沖縄最後のランは終了とした

明日からはまた氷点下の盛岡。果して走る気になれるかどうか、自分のやる気が試される(と自分にプレッシャーをかけてみる)

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする