カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

忍者の修行のように

日をまたいでしまったが水曜日も練習。本来であればレース4日前、最後のポイント練習を入れるところだが、またも雪が薄っすらと積もってしまったのでつなぎと刺激入れ

ゆるゆるとウォームアップ的に2km行き、そこからスピードアップ。流しで300m程度のつもりだったがそれほど苦しくなかったので、そのまま走り続けると

ズルッ

と滑って冷や汗をかく(((゜д゜;)))。前日の雪がところどころ融けて、それが薄氷になってアスファルトに貼りつくように張っている箇所がある。しかもそれが新たに降った雪に隠れて見えない

もっと気温が下がってガッチリ凍りついてしまえばそんなに滑ることもないのだが、中途半端に気温が高い(たぶん0度くらい)ので表面の雪が潤滑剤のようになって、まあえらいこと滑る

そんな冷や汗かくこと数度を挟んでのランだったが、閾値超のペース3kmほどを含み、ほぼ全体的にMペース以上を保って8kmで終了。つなぎとしては十分かと

もんのすごく当たり前の話かもしれないが、最近意識して獲得したいと思ってるのが「スピードの余裕度」

だいたいキロ4分15秒くらいの自分としては閾値を上回るペースで息が切れるほど走った後だと、想定レースペースを超える4分45秒くらいで走っても、これがとても楽に感じる。ウォームアップではキロ5分以上かかるペースでもヒイコラ言ってたことを考えると不思議と言えば不思議

ならこのスピードを少しずつ上げて行けば、楽に走れるペースも同様に上がっていくんじゃねえの?という、至極当たり前の話を割と真剣に考えていたりする。イメージとしてはコレ

もちろん、結局のところ四の五の言わずにスピード練習積め!ということになるんだろうが、地道にスピードへの慣れを積み上げて行けば、そのうちキロ4分30秒くらいで42km走り切れちゃったりするんじゃないかなーという漠としたイメージはある

それ以上になるとアタクシの場合、絶対的なスピードが足りないような気もしてるんですがね。もともと鈍足だし(´・ω・`)ショボーン

て、これレース前に考えることじゃないな

以上、眠い頭で何かひねり出そうとすると、こんなつまんないことしか書けねえぞ、というエントリーでした
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする