カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

いわきサンシャインマラソンふりかえり【その2】

いわきサンシャインマラソンのふりかえり、つづきです

「約キロ5さん」に追いつくために少しトバした15km付近。左の臀部からハムストリングスにかけての部分に痛みが出てきてしまった。スタート前から懸念していたものがついに出てしまったカタチだが、走ることはできているのでピッチは落とさずペースをキープする

ここまでのタイムはほぼ当初の設定通り。しかし目標のサブ3.5を達成するためには後半のペースアップが必須。にもかかわらず、まだ半分も過ぎていないところで痛みが出てしまったことで「ちょっとダメかも」と弱気が頭をもたげてきた

それでも「今日は勝負しに来たのにこんなに早く諦めてどーする?」「痛みだけならなんとかなる」と頭を切り替えてペースキープに努めた

第一折り返しの手前、道端に飾られた大漁旗がランナーたちを鼓舞してくれる


ようやく第一折り返しに到達。事前にコース動画を確認した折に見た「YAMAHA」と書かれた建物の前でクルリとターンし、海沿いの道へ

折り返すとこれまでやや追い気味だった風が思い切り正面から吹いてくる。海沿いの吹きっさらしの箇所ではこれがかなり体力を奪っていく。しかも間の悪いことにこんなときに限って前後のランナーとの間隔が空き、単独走状態になってしまった

少し疲れを感じ始めたので、さっきも通った建設中の防潮堤を横目に見ながら、水分補給をすべく背中に備え付けたマグオン入りの水のボトルに手を伸ばす、、、が!無い!あったはずのボトルがない

どうやらさっきウエストポーチが外れかけたときにうっかりボトルを落としてしまったらしい。そのときはゼッケンの方にばかり気を取られていて、ボトルが落ちたことには気づかなかった。そのことに3km以上も走ってから気づくとは

これでもう好きなときに水分補給できない、と思うと不安が大きくなったが、これもまた経験ということにして淡々と歩を進める

ほどなく20kmを過ぎ、中間点を通過。タイムは1時間46分13秒

スタートロス分は借金のままだが、タイム的には順調にきている。あとは尻と脚の痛みがいつまで保つかだが、時間の経過とともに確実に痛みは強くなってきていた

16km 4分56秒
17km 4分43秒
18km 4分46秒
19km 4分50秒
20km 4分58秒
15-20km 計24分13秒
0-20km 累計1時間40分11秒

つづきます

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする