読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

雪国ランナーのシーズン感覚

朝、起きる
(ΞдΞ)シパシパ…

( ゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚)
ええ、もう一度寝ましたとも。なんぼスノーターサーがあってもこんなの無理ですわ(-_-)zzz

あらためて出勤の道すがらも
雪!

雪!!

まあ例年だったらこのくらい当たり前なんだけど、今年はとくに雪が少なかったから

実際去年は連日このくらい降る日が続いて、近所の道ではそのまま根雪になって凍りつき、そこら中ガチガチのツルンツルンになってたわけで、それに比べると今年はランナー的には恵まれていたと言える

おかげで今年はいわきサンシャインマラソンへ向けての練習もそこそこ積めた(寒いのに練習できてしまったので故障してしまったというオチがついてしまったことは措いといても)。が、来年も同じようにできるかというとかなり微妙だと思われる。

4月24日に行われる東北風土マラソンも関東以南のランナーの感覚ならシーズン最後のレースくらいの位置づけになるのだろうが、北国のランナーの場合、本来なら長いオフシーズン明けの時期にあたる。そのくらい雪国とそれ以外のランナーではシーズンの捉え方が違う

だから首都圏や関西圏に住んでいる方が3月くらいのフルマラソンを本命レースとして冬場のこの時期にガンガン練習に励んでいるのを見ると、うらやましいような焦りのようなものを感じる。

いや、待てよ。逆の立場だと、夏場に走りこんでるこちらを見て同じような感覚を抱いたりするのか?(たぶんない)

で、何が言いたいのかというと、毎年2月末の東京マラソンは盛岡に住むアタクシにはかなり厳しい時期の開催になるので、来年当選しちゃったらどうしよ?練習できるやろか?と今日の雪を見て気をもんでしまったんですよって話なんですよ!m9( ゚Д゚) ドーン!(そんな余計な心配をしてみたいので当たれ東京マラソン

着地点を考えないまま書き出してしまったのでグダグダなのは見逃してください

明日の盛岡の予想最低気温はマイナス5度。これ、間違いなくガリガリに凍って走るどころではなくなります。というわけでたぶん明日もタネなしネタなし
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする