読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

オッサン、年甲斐もなく泣く

2日ランオフの後。連日のストレッチのおかげか臀部から腿裏の違和感はだいぶ無くなってきた。そろそろキチッと走って復活の狼煙を上げたい。気合いとともに5時過ぎに起床して走りに出た

目標はフラットないつもの川沿いコース11kmを走り通すこと。ゆっくりと慎重にスタートし、1kmほどで心拍が落ち着いてきたのでキロ6分くらいを心がけてゆったりと行く。少し腿裏に違和感はあるが、これまでに比べればかなり軽く、脚はしっかり動くのでそのままキープ。とにかく腰を落とさないよう、背筋を伸ばして腕を引くことに専念した

5kmを過ぎても痛みは出ず、このまま走りきれるかと思ったが6.5km付近でそれまで腿の辺りだった違和感が膝に降りてきた。だんだんしびれるような感覚が広がりだしたので、本格的な痛みに変わる前に終了、時計を止めて歩きに切り替えた

大丈夫だと思ったけど、大丈夫じゃなかった。傷む前に走るのをやめたが、歩いているうちに膝が少し痛むようにもなった

治っていなかった自分の脚にがっかり。このままじゃ走れない。もしかしたらもうこの故障から抜け出せないんじゃないか?そんなことを考えながらうつむいてトボトボ歩いていたら、鼻の脇を水滴がつたった。汗かと思ったら違った


40をとうに過ぎたおっさんが路上で一人泣くか?普通w

でも悔しい。ひたすらに悔しい。止まる寸前、心拍数を確認すると120台。心肺的には余裕たっぷりなのに、まだまだ走れる体力はあるのに。走れないもどかしさで身悶えしそうになった

しばらく歩いていると、いつの間にか違和感も痛みも消えていたので、もう一度走り出す。「遅くても速くてもどうせ痛みが出るのなら、速く走ってやろう」と半ばヤケクソで飛ばす。電信柱3本分(150m)全力で走ったが膝は平気

ならば!とばかりに同様のスプリントを3セットこなして帰宅。脚はなんともない

その後出勤のためにアパートの外の階段を降りていると
痛!
膝が痛む。前言撤回!
「なんともない」って書いたけど、なんともなくなかった

腸脛靭帯炎は長く付き合うしかない。それはわかっているが、あまりの走れなさに本当に打ちひしがれた

気分的に落ち込んでしまったが、その後明日の静岡マラソンや篠山ABCマラソン、鹿児島マラソンに挑まれる方々のブログを読んで元気を取り戻した

皆んないろいろあっても頑張って、あるいは楽しんで走ってる。そして明日、それぞれの思いを胸にスタートラインに立つ。その中には自分なんか比べ物にならないほど苦しい故障を乗り越えてきた人もきっといるはず

がんばれ!みんながんばれ!

がんばるなんて当たり前だし、もう十分がんばってる、と言われてしまいそうだが、今は明日のチャレンジャー全員に心からエールを送りたい。とりとめもなく、そんなことを考えてしまった

最後に、オレもがんばれw

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする