カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

チーランニングが気になる

今朝のランは前日ポイント練として岩山を走った後なのでアクティブレスト的なジョグ。ゆったりキロ5分超のペースでいつもの川沿い11kmを走ってきた

4月に入ってから毎日走っても膝に痛みは出ず、腸脛靭帯炎はほぼ克服したと思っていたのだが、今日は走り始めと走り終えてちょっと歩いた時に左膝の力が抜ける感覚があってやや不安に。自分としては膝に負担をかけないフォームで走ってるつもりなのだが、まだ安定していないのかもしれない

ここ一ヶ月以上、坐骨神経痛から腸脛靭帯炎に発展した故障を克服するためにいろいろ調べ、痛まないフォーム、故障しないフォームを模索してきたのだが、今は最近ネットで見つけた「チーランニング」というやつがどうも気になって仕方がない

これ日本語にすると「気走り」になるらしく、「気」が付く段階で怪しさ満載なのだが、よくよく調べてみると「身体全体を前傾させて、その前に倒れる力(重力)を利用して走る」というごくごくスタンダードな走法らしい

チーランニングに関する本もちゃんとあって、買ってみようかとも考えた

無理なく走れる“気”ランニング

無理なく走れる“気”ランニング

が、ハッキリ言って理屈はほぼわかっているので、本を読んだところで何かが変わるのかは甚だ疑問。そもそもアタクシの場合、本に書いてあることを自分の身体で再現できる自信がない

前にも書いたが、シンプルに言って運動神経が悪いのだ

身体を頭から足まで直線で結ぶ
手足を進行方向にまっすぐ向ける
足首から身体全体を前傾
倒れこむ身体を足で瞬間的に支える

要はこの動作の繰り返し。それはわかる

しかしアタクシの場合、そもそも今立っているこの姿勢が本当に直立なのかどうなのかすらわからないw。大会で走っていて、自分では物凄く良い姿勢で走っていたつもりなのに、オールスポーツの写真を検索して見てみたら、もんのすごい猫背(ฅΦωΦ)ฅ だったなんてことはしょっちゅう。というか、ほとんど

動画を自撮りしながら走ってみるのはそのうちやってみようと思っているのだが、それを見たところでどう修正すりゃいいのか?の部分で頭を抱えそうな気がw

理想的なのは誰かに直接教わることなのだが、こんな田舎町じゃそんなことを望むべくもないし、、、

でもこのチーランニングが本当に疲れにくく、故障しにくいのだとしたら、なんとか習得したいんだけどなー。なんか方法無いものかしらん?
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村