読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

チーランニングっぽいこと?をやってみた

今朝も5時起き。でもなんだかんだで時間がかかって結局スタートは5時半になってしまったので、今日のランも1時間限定

路面が濡れていたのでアッパーが水を通しやすいクラウドではなく、久しぶりにライトレーサーを履いて外へ出た

今日のテーマは「チーランニングをやってみよう」。頭でフォームと理屈はなんとなくわかっているので、モノになるかどうか実践してみようというわけ

まずなるべく直立の姿勢を作る。頭のてっぺん、つむじの中心からかかとまでを直線で結ぶ。身長を測るときの姿勢をイメージ。本当にそうなっているかどうかはわからない。わからないがそのつもり

その際つま先や膝を進行方向にまっすぐ向ける

その姿勢のまま足首から身体全体を前に傾けて、倒れこむ身体を支えるように脚を繰り出し、後ろへ受け流していく。筋力で進むのではなく、あくまでも重力を利用して柔らかく、、、と、なんかこれ

物凄く忙しくね?(;゜0゜)

脚は身体を一瞬支えるだけなので重心の真下というより、少し後ろくらいで着地することになるのだが、そうなると当然のことながらストライドは縮まり、ピッチがかなり速くなる

しかも身体の傾きを利用するので、脚の回転を緩めたくてもどんどん傾く身体を支えるために、ますます回転を上げなければならなくなる。結果、どんどん加速しないと同じ姿勢を保つことができない

これなんか間違ってない?ヽ( ̄д ̄;)ノ=3

おかしい。こんなはずでは、と思うが何度リセットしてやり直しても、加速し続けてしまう

これだとすぐ疲れてしまうので、ひとまずチーランニングのことは忘れて、自分で見つけ出した「痛まない」フォームだけを意識するようにしたら、ようやく落ち着いて走ることができた

うーん、チーランニングが間違っているのか、アタクシの解釈が間違っているのか。どちらにしても今日の走り方だと100kmはおろか、42kmも絶対もたないことは確か。チーランニング、イケると思ったんだけど、やっぱりちゃんと習わないとダメかなあ

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする