読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

【運命の?】東北風土マラソンふりかえり(その1)【再会】

東北風土マラソンから中1日。ふくらはぎのダメージもだいぶ癒えたのでジョグってきた。キロ5分10秒くらいなら問題なし。試しに4分30秒くらいまで上げて2kmほど走ったらふくらはぎに攣りの兆候が出たので、あわてて緩めた。あぶないあぶない

左上の写真は日頃ご近所をパトロールしているニャンコの労をねぎらってるところw

さて東北風土マラソンレポの続き

序盤戦

ブロックの最後尾から出たので、最初は当然のごとく歩き。タイム計測はスタートラインを跨いだ時点からなのでスタートロスも関係なし。よって誰も焦らない。アタクシもゆっくり周りの様子を楽しみながら、最初の短い上り坂に入った

今日はタイム度外視と言いながら、キロ5分30秒前後を保ってイーブンペースで走りきろうという考え。ガーミンの画面表示もいつものラップペースやトータルのタイムなどは一切見ず、現在のペースと心拍数だけチェックして走ろう、と思ってガーミンを覗き込むと

スタートボタン押してねえ(-。-;

初手から凡ミス。これで記録は目分量で200m分くらいロスト。「ミスったなあ」と思っていると周りから

「アタシ時計スタートするの忘れてた!」
「あ!オレも」

という声が聞こえてきて吹きそうになるw。みんな同じようなもんかと思ったら、押し忘れたことなんてどうでもよくなってしまった

この件でもわかるようにこの大会、とにかく雰囲気がユルい。普段の大会でもコスプレや仮想のランナーはたくさん見かけるが、この大会は今まで出場した大会の中でもとくに多かった。スタートしてしばらくの間アタクシの前を走っていたのは寿司の人たちw

蒸しエビ?

スタートして1kmくらいで「岩手顔マラソン」のTシャツにホカのシューズを履いたランナーを発見。すぐにT.Nomuraさんだ!とわかったが、声をおかけしたもんかどうか逡巡しつつしばらく併走

なんと声をかけようか考えているうちにペースが違ってきたのか少しずつ距離が離れてしまい、結局声をかけられずじまい。この日最初の後悔。生来の人見知り気質を呪う

コースは沼沿いの、のどかな田舎道を行く。道端にはヤマザクラかな?がキレイ

アタクシも走ったいわきサンシャインマラソンのシャツを着た人も何人か見た

そして田舎道と言えばこれですよね

そう!ラブホ
次の写真の右にちょこっと見えてるのも別のラブホ

このあと写真は撮らなかったけど墓地の脇も通った

子種から墓場まで、、、

まさにマラソンは人生ですね(違)



最初のエイドはまだかいな〜、と走っていると、前にどこかで見覚えのある背中が

あ、あのグレーのキャップにピンクの肩掛けポーチ!あれは!まさかの!
約キロ5さん!!

約キロ5さんについてはこちらをどうぞ

まさかと思ったけど、この後ろ姿は忘れようにも忘れられない。フォームもリズムもあの約キロ5さんに間違いない!

おなつかしやー(滂沱の涙)。思わず声をかけそうになったが「いわきではペーサーにさせていただきました!」なんて言えるわけもないのでだまって追走

ここまで2kmくらいのところで最初のエイドがあったが、水とアミノバリューだけだったのでここはスルー。4kmほどで待望の食べ物のあるエイドにたどり着いた

記念すべき東北風土マラソン最初の補給食は、、、
金のサンマ!

見た目は缶詰のサンマっぽいが、味はそこまでコッテリしていなくて食べやすい。甘ジョッぱい味付けが暑さで汗をかき始めた身体にはうれしい

エイドは少し混雑するものの、焦って先を急ぐような人はほとんどいない。アタクシ同様写真を撮る人も多い

したがってランナーのマナーは概ね良い。ゴミもキチンとゴミ箱に捨てていく

サンマは一口サイズだったのであっという間に完食。暑さによる脱水対策のため水もしっかりいただいて再スタート

移動している時のペースはだいたい5分20秒くらいをキープ。コースの高低差は大したことないが、細かいアップダウンが絶え間なく続く感じなので、ちょっと油断するとペースが乱れる

次のエイドは確か6kmから7kmくらいのところにある堤体の端。アタクシここで嬉し恥ずかし初体験。レース中初めてのトイレ(小)を利用した

トイレを出てエイドへ向かうとここの提供フードはシャキシャキめかぶ

かわいいオネーさんが薦めてくれたが、アタクシ実は海藻が得手でないのでここはスルー。立ち止まってしっかりとコップのアミノバリューを飲み干し、堤体の上を走り出した

、、、つづきます

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村