読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

3日間で100kmチャレンジを終えてわかったこと

今朝はランオフ。と言っても天気予報で雨がほぼ確定していたため、予定通り。晴れてればアクティブレスト的に軽くジョグしたんだけどね

前日トータルで54kmを走り、身体がどうなるか?と半ばビクビクしながら起き上がったが、、、なんともない(`・ω・´) 筋肉痛も皆無。ホントに昨日50km走ったの?と思うほどノーダメージ。ほぼ終始スローペースに徹した結果だろうが、それにしたってここまでなんともないとは思わなかったので少々気持ち悪いくらい

初めてフルマラソンを大きく超える距離を走ってみて、ウルトラ初挑戦に向けて自分なりに気づいた点をまとめてみる

水分補給は過剰でOK

今回、YURENIKUIを装着して走ったのだが、54km走る間に500mlペットボトル3本半分の水分を飲み干した。それでも家に帰ってから喉が渇いて水とスポーツドリンクをがぶ飲みしてしまったほどなので、アタクシの場合水分は過剰なほど摂取しておく必要がある、と確信

当日は昨日同様YURENIKUIに500mlペットボトルを入れ、エイドで注ぎ足しながら走ろうと思う

固形物の方は序盤にドーナツを食べた後はガリガリ君を一本食べたくらい。あまり食べたくならなかったためだが、顔マラソン終了後、ハンバーガーを一個平らげてから家まで走って帰ったくらいなので、胃腸の耐久力は心配しなくてもよさそう。走り終えてからすぐに王将のチャーハンと餃子を食べに行ったしw

汗冷えは超大敵

走り始めの時間は少し肌寒かったので、ランニング用のシャツの下にポリエステル製の長袖シャツを着込んで走ったのだが、このシャツに染み込んだ汗と風のせいでお腹が冷えたのか、前半に2回もトイレへ行ってしまった

後半気温が上がって、それはそれで苦しかったのだが、アタクシの場合暑さよりも汗が風に冷やされて体温を奪うことの方が身体にダメージを与えそう

いわて銀河のコースは序盤平地を走った後35kmくらいからダラダラと長い登りが続き、50kmくらいのところで3本のトンネルを通るのだが、このトンネルの中が非常に冷えるらしい。ここで体温を奪われると後半の走りに大きく影響すると聞く

今回の練習で汗冷え対策インナーの必要性を痛感したのでさっそく今日ポチッた。買ったのはこれ

フェニックスのトランスファーシリーズ。直前までは定番のファイントラックのスキンメッシュを買おうと思っていたのだが、調べてみるとファイントラックは上に着るシャツによって吸汗効果が大きく違ってくる、との情報が。シャツまで買いなおすのはイヤなので、口コミ評価の高かったフェニックスに変更した。これの使用感は商品到着後また追い追い

紫外線対策は必須

日焼け止めを塗らなかったら、頭と腕が痛くなるほど陽に焼けた。こういうのが地味に体力を奪ってる気がする。生まれてこのかた日焼けについては放置したまま40ン年生きてきたが、今度ばかりは生まれて初めて紫外線対策をしてみることに

腕や顔は日焼け止めを塗ればいいとして、問題は頸動脈に近い首の後ろあたり。キャップは当然被るつもりだが、首の後ろ側を守るため、サンシェードを導入しようと思う。イメージとしては旧日本軍二等兵スタイルw

もしくはこれ
f:id:ston:20160518100212j:plain

サングラスの導入も検討すべきかもしれないが、普段メガネかけて走ってても、気になってイヤなくらいなので、実際どうするかは未定

だいたいこんな感じ。まだまだ甘いかもしれないが、自分なりの対策はできてきた

ま、それでも完走のイメージはまだおぼろげなんですがね(-。-;

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする