カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

光が見えてきた、、、気がする

最近イマイチ更新ができていない当ブログ。まあ早い話があまり走れておらず、かつ腸脛靭帯炎の症状にも進展が無いからなのですが、ようやく走れるようになってきたので今日はその話

日曜日はここんところのパターンで計10km

違和感が出た段階で歩きに切り替えて、その後は短い流しで繋げば痛みまで至らずに済む。これはある程度の距離を走っても違和感が出なくなるまで辛抱強く続けるつもり。それは今日時点でも変わらず

月曜はランオフ。この間ヒマさえあれば内転筋ほかのトレーニングは継続。家ではハンドグリップを膝の間に挟み、会社ではデスクに座って作業をしながら股をグッと閉じて耐える。さらに家ではゴムチューブを使ったレッグエクステンションも1日につき両足各300回ずつくらいこなしている。もちろん寝る前には軽いストレッチ。気づいたときにはプランクも

なんだこのストイックな生活w

火曜日の今朝はいつもどおりのジョグでスタート。キロ5近辺で楽に行くが3kmくらいからすこーしずつペースが上がる。行けるかな?と思ってそのまま7kmまで普通に走ったところで、やっぱり右膝に違和感が出てくる。ここからいつもの流し、と思ったが毎回同じでも芸が無いのでキロ4分10秒くらいで少し長めに流してみることに

苦しさはあるがペース的にはまだ多少余裕のあるスピードなので、走りながらフォームを微調整できる。足裏の接地時間を短くするために足運びを円運動に近づけるイメージで走ると、不思議なほどに膝が気にならなくなってくる

この「痛まない足運び」を維持したままスピードを緩め、ジョグペースまで落としてみたが、さっきまでの膝の違和感が完全ではないにしろかなり減った。これなら走り切れそうだったのでそのままペースを維持して家まで。湿度のせいか、はたまた衰えたせいか息苦しく疲労してしまったが、昨日までとは明らかに違う走りができた

まだ完治ではない。しかし痛むのを防ぐ方法は見えてきた。、、、って、これ今までにも何回も同じこと書いた気もするが(^_^;)

今日の感覚を忘れないようにせにゃ
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする