読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

秋のサブ3.5達成へ!再始動ですよッ

腸脛靭帯炎の心配がなくなったので、一日置きのランオフは終了。今週から週5を基本にした練習メニューに戻すことにした

とはいえ、復活まで時間がかかりすぎた。なんだかんだで秋の勝負レース、弘前・白神アップルマラソンまではもうあと2ヶ月半を切ってしまった。今年に入ってからのレース結果や最近の練習内容を考えると、今の走力は去年の同時期のレベルにもまだ達していないと思われる

いや、これはマジで
リハビリとか言ってる場合じゃねえぇぇ!

もちろん練習効果を上げるために疲労抜きは入れるけど、ポイント的なキツイ練習を多くする

ひとまず金曜は前日岩山を走って臀部に痛みが残っていたので緩めのペース走+流しで11km

途中トイレに2回も寄ってしまったが、時計を止めずにこの平均ペースなら上出来。流しはキロ4分10秒で1km走った後、もう少し早いペースで150mを3本。欲を言えば5本行きたかったが、ソールの薄いミズノBeであまり硬い路面を走りすぎるのもよくないので自重

膝はなんともない。ホッとした



翌朝土曜は再び岩山へ。必達テーマは前々日より速く走ること。これはもう絶対!

走り始めから重さはあったが、今日のアタクシは気合が違う。故障からの回復を確かめに行った一昨日とはモチベーションが違う

フォームに注意しながらもピッチを保って上っていくと、2km地点くらいで既にバテバテ。何度も歩いてしまおうかと思ったが、走りたくても走れなかった時の歯がゆさ、辛さを思い出せば今の肉体的な辛さなんてどうってことない。そう考えると踏ん張れた。、、、いや、ホントはどうってことあるけど(-。-;

結果上り5kmは27分6秒。一昨日に比べて50秒短縮。よっしゃ!

ここで3分ほど休みを挟んで下り。上りがキツかったので下りは少しサボろうかと思ったが、勾配に対してブレーキをかけないように身体を前に押し出していくと自然にスピードが出てしまう。ブレーキをかけるのは膝に良くないはずなので、ここは重力に逆らわずに下ることに

アタクシの走り方は左右のバランスが悪いことは以前にも書いたが、スピードを上げるとそれが一層顕著になる。最高速に近づいて身体が辛くなってくると、無意識のうちに右目を瞑り、首が右に傾いてくる。それにつられて視線が落ち、腰が落ち、どんどんフォームが崩れていく。これはおそらく身体が拒否反応を起こして、スピードを緩めようとしているのだと思うが、要するに体幹が弱い

今日は下りでスピードを上げた際にその矯正を強く意識してみた。具体的には両目を開き、視点は高く保ち、上半身は背筋を伸ばして腰を高い位置に持ち上げる心構えで。脚は重力で下方に倒れこもうとする上半身を常に真下で支え続けるつもりで回し、その際肘を引く動きを強く、速くすることでピッチを上げていく。だいたいこんな感じ。以前はこれがどうもしっくりこなかったのだが、腸脛靭帯炎で膝が痛まない走り方を模索するうちに、だんだんとコツというかやり方が掴めてきた気がする

結果、下りも上々のペース。7kmから10kmまでの終盤3kmを11分30秒ほど(1kmあたり3分50秒)でまとめることができた

当然今日も痛みはなし。なによりこれが一番うれしい

いよいよ再始動。今度こそサブ3.5必達。やったるぞー

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする