読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

【あと4日】最後のポイント練習やったよ

いよいよアップルマラソンまであと4日。今日は最後のポイント練習


去年もやった2.5km(レースペース)+5km(レースペース-1分)+2.5km(レースペース)が岩本能史氏推奨の4日前メニューなのだが、ちょっとコースの長さの関係でアレンジして、2km+5km+4kmとし、真ん中のペースは閾値レベルの22分30秒(キロ4分半)に設定した


走り出しはいつものように調子が出ない。なんとなく膝が痛いような気もするが、無視して走り続けると気にならなくなる。2kmでいつもの川沿いに出たところでスピードアップ。フォームに気をつけながら無理なく、しかし回転を上げて設定スピードに乗せる。正直2kmくらいで終わりたくて仕方なくなったが、ここで止めると後悔しか残らない気がしたので踏ん張って走り、なんとか予定の5kmを設定以上のタイムで走りきった

残りは緩めに走ったが、一度ペースを上げてからだと、かなり緩いつもりでもキロ5分を切るくらいの速さで走れるから不思議

問題はこの程度の距離でも息がきれること。スタミナの不安は残るが、もうここまできたら仕方ない。春からの積み上げでなんとかなると信じるしかない


今日は息子の校内マラソン大会の日。当然仕事中なので見に行くつもりはなかったのだが、息子が「見にきてよ」と言うので仕事を抜け出して見てきた


学校へ行ってみると結構な人数の父兄が応援に来ていた。仕事を途中で抜け出して来たのはアタクシくらいだと思うが、この日のために休みを取ったと思しき人も多くて驚いた


自分の小学生時代に親が校内マラソン大会程度で見に来た記憶なんてまるでない。最近はこんなものなんだろうか?いや、まあ自分も行ったから他人のことは言えないけど


長〜い開会セレモニーのあと、1年女子から順番に走る。小さな子供たちが一生懸命に走る姿は本当にかわいらしくて、思わず声援をおくってしまった


ほどなく息子のいる2年男子がスタート

息子はスタートダッシュで前に出る、、、なんて気はさらさらなく、至ってマイペースで序盤は中団につける。余裕持ちすぎだろ(-。-;


校庭を一周し、給食室脇を折り返して戻ってくると、息子は5番手につけている

ファインダー越しに息子の走りを観察すると、ゆったり体力を温存しながら、なかなか力の抜けた良いフォームをしている

拳が低い位置に下がって、肘をしっかり後ろに引いている。背筋もシャンと伸びている。いや、確かにそう走るように指導はしたけど


最後の一周、息子は後ろにひとり置きながら、ゴールまで抜かれることなく5位でフィニッシュ!レース前の本人の宣言通り5位以内でのゴールとなった


5位の札をもらってドヤ顔

息子の結果はもちろん良いし、褒めてやったけど、速かろうが遅かろうが、最後まで全力できっちり走った子供たちの姿にはとても元気付けられたなー


息子の成長を目にして、オヤジも頑張らにゃいかん!と気を引き締めた(`・ω・´) シャキーン
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする