カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

【その3】弘前・白神アップルマラソン やっぱ無理!

金曜はトゥアップを意識した緩ジョグ。初めてフットフレクサーをつけて走ってみたけど意外に違和感なし

さてアップルマラソンレポの続き

20km〜リタイヤ

20kmを過ぎ、西目屋村の役場前まで来るとまもなく折り返し。この辺は去年の記憶が割合はっきりある。椅子に腰掛けて旗を振ってくれるお年寄りの皆さんや地元ランニングクラブの応援も去年と一緒。しかし、今年は満足に声援に応えることができない


折り返し点が近づき、係りの方が「この辺段差あるから気をつけて」と声をかけてくれる。あ、これ去年も聞いたわ〜と思ったが、気の利いた返しができず、ウンウンと頷いただけ。転ばないように小刻みに走って折り返しのコーンをまわった

ここからはスライドゾーン、ということで知り合いを探す


まず今回アタクシが着たチーム50Tシャツと同じシャツを着ている人を発見(すみません。どなたかわかりませんでした)。すれ違いざまに「50T頑張れ!」とエールを送った


会社のO先輩はサブ4に近いあたりにいるはず、と思って4時間のペースランナーのあたりで道の中央線に寄って探すも見つけられず


ずーっと向かって右側を気にしながら走り続けていたら、探し疲れて意識が遠のくw。ツラさのあまり無意識のうちに下を向きながら走っていたら、突然声をかけられる( ゚д゚)ハッ!顔を上げるとO先輩が。気づいた時には既にもう後方だったので撮影はできず、後姿を一瞬見ただけになってしまった。すんませーん


気を取り直して姿勢を正すと、今度はチーム50Tの鮮やかなブルーが目に飛び込んでくる。こめきちさんだ

必死で写真は撮った!が、満足にエールを送れなかった。本当は秋風くらいのさわやかさで「ナイスラン!」とか言って走り去りたいところだったのだが、実際には

「あぐ、、、こめ、、、がんばっ、、ふぐっ」フヒー

くらいだった記憶_| ̄|○


実際このくらい必死でした

くやしいです。もーしわけありませんm(_ _)m

(こめきちさんから見ても「必死」だったらしいw)

21km 5分02秒
22km 4分56秒
23km 4分52秒
24km 4分55秒
25km 4分52秒
20-25km 計24分37秒
0-25km 累計2時間03分46秒

25㎞を過ぎて、あきらかに思考力が落ち、ボンヤリとする時間が増えてくる。ただただ3時間30分のペースランナーの赤いビブスを懸命に追いかけて、たまに並びかけながらひたすら機械的に足を運んでいた


喉が渇く。熱で頭がボーっとしてくる。耳にはスタートからずっとイヤホンをかけて好きな曲を流しつづけていたが、それもまったく頭に入ってこない


朦朧とした頭で「そうだ水だ!」と思いだしてボトルに手を伸ばして水を吸い込む。吸った勢いでペットボトルがヘコむほど。どんだけ喉が乾いているんだ


撮影もしているが、撮れた写真を見ても撮影意図がよくわからない

水平も取れてないし。すでに真っ直ぐ走れてなかったのかも


下り基調に任せてなんとか脚を運んではいるものの、傾斜がなくなると脚が思うように前に出なくなる


もうペースを落としてセーフティに完走を目指した方が良いんじゃないか?このままだとまた故障しちゃうんじゃないか?、、、考えなかったわけではない


それでも、あと15km、14km、、、と残り距離のカウントダウンが進んでいくと、まだなんとか走り切れそうな気がして粘ってしまう


なんとかかんとかペースランナーに食らいついて30km手前の給水所までたどり着いた


ここで両手にコップを取り、むせないように歩きながら水を飲み干す。再び顔を上げて走り出そうとすると、ブルルッと右ふくらはぎに痙攣の兆候が現れた


ヤバっ!と思ったが踵を踏んで押さえ込むと一瞬でおさまったので、少しペースを抑えて走り始めた


すぐに30kmを通過。顔を上げて前方を見ると、ペースランナーの姿は遠く小さくなっていた

26km 4分54秒
27km 5分00秒
28km 4分47秒
29km 5分20秒
30km 5分14秒
25-30km 計25分15秒
0-30km 累計2時間29分01秒

ペースランナーの背中が遠ざかり、緊張の糸が切れるがごとくペースダウン。途端に喉の乾きがひどくなり、ボトルに手を伸ばす間隔が短くなっていく


吸っても吸っても喉が乾く。ついにはボトルの水がなくなってしまった


身体が熱い。脚が重い。水が欲しいがそれもない。藁にもすがる思いでポーチの中からスポーツようかんを取り出そうとしたが、水分なしに食べる気にはなれず、そのままポーチの中に戻した


水!水〜!と彷徨うように進んでいくと、地元農家の方の私設エイドを発見。飛び込むようにして両手に紙コップをとり、立ち止まってガブ飲みする


ついでにリンゴをひと切れつまむ。美味い。「もうひとつ良いですか?」と聞いてリンゴを齧る

リンゴの甘味で少し元気が出たので、再度走り出そうとすると、一歩踏み出したところで右ふくらはぎが激しく痙攣し、走ることができなくなった
https://www.instagram.com/p/BLC3GpUgcTV/
一歩でも走り出すと攣る
仕方なく歩きに切り替える。が、一度攣った脚はもう痛くて仕方がない。ついついボトルに手を伸ばすが、ついさっきボトルは空になったばかり。もうまともに思考すらできていないことを悟る


右をかばって歩いていたら、左のふくらはぎも攣りはじめた。痛みに顔をしかめながらトボトボ歩いていると、係員の方がエアーサロンパスを噴いてくれる。瞬間、楽になったような気がするが、それもほんの一瞬。痛みが取れるわけではなく、またすぐ痙攣がぶり返す。ついには歩くのさえツラくなってきた

田んぼの間の道をフラフラと歩き、視界に35kmの看板が入ってきたとき、腿の内側にも強い痙攣が起きた


「あああ〜っ!」と痛みに声を上げると、ちょうど目の前にいた係員の人が「やめますか?やめましょう」と声をかけてきた


ゴールまで残りは7kmと少し。全部歩けばゴールできるかもしれないが、無様に痛みに苦しみながら、これから1時間以上も歩くなんて耐えられそうもない


それに今日はこのあと300km近く運転して息子を連れ帰らなくてはならない。ここで歩くこともままならなくなるわけにはいかない


「やめます」。そう係りの人に答えるとあぜ道に用意された椅子に座るよう促された。座った瞬間にまたふくらはぎを攣る。思わず声を上げながら悶絶していると、係りの人がOS-1のペットボトルをくれた

これでアタクシのアップルマラソンは終わった。至極、あっさりと

31km 5分28秒
32km 5分22秒
33km 5分55秒
34km 7分42秒
34.9km地点でリタイヤ

数分(だと思う)待って、収容車が来たので後部座席に乗り込んだ。隣にはすでに先客がいたが、一言も話さず押し黙っている。このあともう一人棄権者を拾ったので、普通のコンパクトカーの後部座席に大人の男が3人座る羽目になってしまった

アタクシ以外の二人はランシャツランパンの気合の入った出で立ち。重い空気に耐えかねて話しかけようと思ったが、とてもそんな雰囲気じゃない。よってそのまま車内はお通夜状態


そんな狭い車内でも突然攣りだすふくらはぎやハムストリング、内転筋。声をあげられるような空気でもないので、ひとり悶絶。ただひたすらに耐えた


ゴール会場に戻ると両足痙攣のアタクシのために、わざわざ車椅子まで用意してくれていた。救護ブースに運ばれ、簡単な問診を受け、ベッドに転がった


医師の方に脚や身体の様子を見ていただきながら雑談。アタクシの症状は「極度の脱水」ということらしい。周りで寝ている人たちもほぼ同様の状態らしく、中には経口摂取もままならず、点滴を打っている人もいた


リタイヤ後の速やかな水分補給のおかげで比較的症状の軽かったアタクシはすぐに放置w。しばらく横になっていたが、汗が冷えて寒くなってきたので着替えのために救護ブースを出ることに


医師や看護師の方々にお礼を言って、テントの外へ出ようとしたら、テントの屋根の縁に頭をぶつけた(*_*)


そのときは痛えなあ、くらいしか思わなかったのだが、翌朝頭から出血していたことに気づいた

汗を拭いて着替えてようやくすっきり。途中FacebookでO先輩もリタイヤしたことを知る


シューズに付けたままだったRCタグを返却し、ようやくひと段落。あとはゴール前でこめきちさんを待つことにした


長く苦しい戦いをまもなく終えようとするランナーが続々とゴール会場に入ってくる。最後の力を振り絞る人、手を振りながら家族の応援に応える人、精根尽き果てたかのように俯いて歩いている人。いろんな人がいるが、リタイヤした自分から見れば全員がまぶしく見える。やっぱり何時間かけてもここまで自分の脚で帰ってくるべきだったんじゃないか?


午後2時前、こめきちさんがゴール会場に入ってきた。足取りはしっかりしている。自分がなんと声をかけたかは覚えていない

その後、ゴールしたこめきちさんと少しお話。後半だいぶ苦しまれたようで、去年よりタイムが悪かったと言いながら、しっかりサブ5で完走。笑顔がまぶしい。美しい!立派です!


お伝えしたかったことはたくさんあったが、たぶんこのときは話せてなかったと思う


立ち話をしていると、こめきちさんが上州の竜さんを発見。ご挨拶させていただいた。マラソンブログ界の有名人、竜さんにお会いしたときのアタクシの心境はこんな感じ

実際にお会いした竜さんは、ブログの雰囲気に比べてかなり柔和な印象。しかしそこはさすがにサブ3ランナー。42.195km走った後でもダメージなんて全くない感じの涼しい顔。ちょちょっとこの日の感想と各地のマラソンコースについて伺ったくらいだったが、帰りがけのところをお引き止めして申し訳ありませんでした


2日にわたってお世話になったこめきちさんともここでお別れ


「あとは(参加賞の)コメをもらって帰ります」と言うこめきちさんに「うちは実家でコメ作ってるんでタオルです」と答えたのに、参加賞受付で渡された袋の中にはコメ。。。引換券にも「地場産品」って書いてあるし


なぜコメを希望した?数カ月前のオレよ。。。

(レポ終わり)


あとはひとり反省会です

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする