カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

つまみ食いはいけません

これまで4度フルマラソンを走って、ほぼ毎回ぶち当たってきた30kmの壁


原因は毎回まったく同じ、というわけでもないとは思うが、この壁を乗り越えるためには、結局のところ「42.195kmを走り切る脚を手に入れる」ことに尽きる。これはもう間違いないと思う


では30kmの壁克服のために、具体的にどんな練習を積めば良いのか?これについては人によって言うことがまちまち。まさに十人十色千差万別百家争鳴の体


一から走りをつくりなおすにあたって、新しい練習方法を探っていたのだが、ネット上に溢れる体験談の中で、これがものすごく響いた
今更ながらサブスリー達成までの練習方法を振り返り | 時計を忘れて走りに行こう

今回の練習で基本としていたのはLSD。なーんだ、よく聞く話だと鼻で笑った人も多いかと思いますが、じゃぁ実際に実践している人は?というと、ほとんど見たことがありません(単なるゆっくりジョグをLSDと呼んでいる人は結構いそうですが)

お、オレだ(-。-;

マラソンみたいな持久力、スピード持久力を鍛えるトレーニングって、繰り返し何度も反復してなんぼな世界だと思うんで、死に物狂いで一回だけ達成した、とかいうことの重要性が低い気がします。

おっしゃるとおり。ぐうの音も出ません

世の中には色んな練習方法があって、色んな人が色んなやり方を提唱しているけれども、一番まずいのは、ある練習方法をちょっとだけ試して、すぐにまた別の練習方法に移って、というつまみ食いをすることだと思う。

_| ̄|○、、、つまみ食いだらけでした


これで決めました。アタクシ、しばらくLSDを練習の中心に据えます


というわけで、さっそく今朝4時起きでキロ8分の120分LSDをかましてきた

ゆっくり走るのって苦手だ!とか思ってたのだけど、意外とすぐ慣れた(-。-;


走り終えて脚の重さはそこそこある。が、尾をひくほどの筋肉痛があるわけではないので、やろうと思えば毎日でもできそうな雰囲気


平日に120分、休日は180分のLSDを週に各一回ずつくらい入れて、その翌日もしくは前日に少し強度の高い練習(岩山走、起伏走、BU走)を入れていけばかなり効果が上げられそう。まあそう計画通りにも行くまいが、LSDを中心としたセット練で強化する形が自分の頭の中で出来上がってきた


おし!やる気が出てきたぞー
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする